PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

三洋汽船 新なぎさ2 進水式

12月13日、愛媛県今治市の藤原造船所で三洋汽船の多度津〜高見島〜佐柳島航路の新造フェリー「新なぎさ2」の進水式が執り行われました。

photo1_20151224223114e2b.jpg

「新なぎさ2」は1996年以来約20年近く活躍している「新なぎさ」の後継船で総トン数90トン。フェリーそのもののサイズは「新なぎさ」とほぼ同じですが、客室スペースがやや拡大された印象を受ける船体デザインになっています。

photo3_20151224223117995.jpg

「なぎさ」という船名が地元の利用者に馴染みが深いことや20年にわたる航海をまもなく終える「新なぎさ」への敬意を込めて命名されたもの。多度津町のゆるキャラ「さくらちゃん」が描かれた新しいフェリーは2016年2月就航予定です。

photo2_2015122422311656c.jpg

造船の町、また今治船主という海運の町としても知られている今治市にはたくさんの造船所があります。1500総トンクラスまでの小型船のビルダーとして知られている藤原造船所は、四国フェリーグループや小豆島国際フェリーなど瀬戸内海のフェリーの主力ビルダーとして新造船を毎年送り出しています。

photo4_20151224223118c54.jpg

2015年に就航した四国汽船の直島航路の新造船「なおしま」もこの造船所生まれ。毎年コンスタントに瀬戸内のフェリーのリプレースに係わっている船旅に身近な、そして進水式の一般公開も多い身近な温かみある造船所です。

| ニュース | 22:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フェリーさんふらわあ 志布志航路に新造船建造

フェリーさんふらわあは現在布志市航路に就航している「さんふらわあ さつま」と「さんふらわあ きりしま」(1993年就航)のリプレイスとして、新造船2隻を2018年に就航させると発表しました。
2船の総トン数は13.500トン、全長は192m、旅客定員は709名(現 12.415トン、全長186m、定員782名)とひとまわり大きくなり、トラック換算にして16%と車両搭載能力を向上させ、2重反転プロペラの新型推進システムの採用により環境にも配慮した次世代船となる見込みです。

sfkirishima.jpg
*画像:現在志布志航路に就航する「さんふらわあ きりしま」

旅客定員は減っていますが、近年のカーフェリー界のトレンドを意識し、現行船比で個室を2割増しとし、計94室へ。その個室で注目すべきはフェリーさんふらわあ初採用となる専用バルコニーを備えるスウィートで、ペットと船旅が楽しめる客室に加え、プライバシーに配慮したツーリストベッドの配置など当航路のサービス体制が一新されるものと期待されます。
大型化で注目なのはパブリックスペースの拡大。3層吹き抜けのエントランスや増席されるレストラン、面積が増える展望浴場と
さんふらわあならではのカジュアルクルーズが楽しめそうです。
またファンには今回の建造がジャパンマリンユナイテッド磯子工場となったことにも注目が集まりそうです。

新造船についての詳細はフェリーさんふらわあのこちらのページをご覧ください。

2017年には同じさんふらわあブランドを展開する商船三井フェリーも現在の「さんふらわあ さっぽろ」「さんふらわあ ふらの」を代替する新造船を就航させる計画で、こちらも建造はジャパン マリンユナイテッド磯子工場と発表されています。
2017年から国内就航が相次ぐ新世代「さんふらわあ」の続報から目が離せそうにありません。

なお来年も今年竣工しましたオーシャン東九フェリーの「フェリーびさん」、小笠原海運の新「おがさわら丸」に「ははじま丸と」新造船ラッシュの1年となることが予想さています。

| ニュース | 09:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

佐渡汽船「あかね」日本到着

佐渡汽船がこの4月21日から直江津~小木航路に投入予定の高速カーフェリー「あかね」がこのたび日本に到着しました。

「あかね」は竣工したオーストラリア、タスマニアのIncatをを3月24日に出港したもので、4月6日に直江津港に入港となりました。8日には小木港にも初入港しており、現在は就航へ向けての慣熟航海や準備作業が行われている模様です。

064723-69b9552a-d1c3-11e4-bec6-305f501f51fa.jpg
画像:Incat

期待の佐渡汽船高速フェリー「あかね」は、その船内に乗り心地と次号にて詳しく紹介致しますので、楽しみにお待ちください。

なお「あかね」航行中の動画が佐渡汽船営業部のチャンネルにてご覧になれます。

| ニュース | 19:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

名鉄フェリー 師崎=伊良湖航路が廃止

1969年の航路開設以来約45年にわたって知多半島と渥美半島を結んできた名鉄フェリー(名鉄海上観光船)の師崎ー伊良湖航路が9月30日に航路廃止されました。

flwln_1.jpg

三河湾口を横断するこの航路は、名古屋方面から伊良湖岬、そして浜名湖方面へのバイパスルートとして開設され、ほぼ同じ時期に供用が開始された自動車専用の知多半島道路、南知多道路からのアクセスに恵まれたこともあって、1970年代から80年代にかけては観光需要を中心に週末は積み残しが当たり前という時期もありました。また当時は伊勢湾フェリーが鳥羽ー師崎航路を運航していたこともあり、伊勢湾フェリーの鳥羽ー伊良湖、鳥羽ー師崎航路とともに「伊勢湾トライアングル」と呼ばれていた時期もありました。

flwli_2_20141004230713bb5.jpg

しかしここ数年は、道路網の整備や高速道路の料金値下げの影響などを受けて観光需要が低迷、さらにもともとトラックなどの商用車の需要が少ない航路であることや、知多半島と渥美半島との間の人的交流が古くからさほど活発ではないという風土的事情もあって需要が低迷、1就航から20年になるフェリー「フラワーライン」の経年化リプレースという課題も生まれたことから航路廃止が決まりました。

flwln_3.jpg

最終日となった9月30日は、愛知県の旅行代理店が企画した最終便乗船と伊良湖での日帰り入浴の日帰りツアーも催行され、師崎発の最終便は出港前に船長への花束贈呈、紙テープに見送られての出港になりました。

flwln_4.jpg

1994年から20年にわたってこの航路を支えてきた「フラワーライン」は定期運航を終えた後、インドネシアに活躍の場を移します。

Y.Tokumitsu

| ニュース | 23:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

阪九フェリー新造船「いずみ」進水式

最新号でもお知らせしました、2015年に相次いで就航する予定の阪九フェリー新造船第一船の進水式が、7月31日に三菱重工下関造船所で行われました。

進水式に先だって行われた命名式では、阪九フェリーの入谷泰生会長により本船が「いずみ」と命名されました。船名は今回1700件にのぼる公募の中から選ばれたもので、大阪湾の旧名である和泉灘に由来するものだそうです。

hankyuferryizumi01.jpg

今回の進水式で支綱切断の大役を務めたのは、同社CMでもおなじみの女優、釈由美子さんです。

hankyuferryizumi02.jpg

釈さんの支綱切断でロープが切断されると、船首のくす玉が割れ、巨大な船体が関門の海に滑り落ちていきました。

hankyuferryizumi03.jpg

ちょうど夏休み期間中で、この日の来場者は地元の方やファンなど2.600名と大盛況だった模様です。

hankyuferryizumi04.jpg

タグ船に押され、艤装岸壁に向かう「いずみ」です。このアングルになると、上等級船室のアウトサイド化が図られたハウス部の構造が伺えます。また3階のブリッジ後方にはオープンテラスにオーシャンビューの浴室を併設する特等船室が、同じく3階のファンネル前には展望浴室の露天風呂が、いっぽうブリッジ下には船首展望ラウンジのスペースが確認出来ると思います。

新造船「いずみ」は来年1月に阪九フェリーに引き渡される予定で、現在就航中の「せっつ」「すおう」と交替する格好をとり、泉大津航路に就航します。

画像提供:阪九フェリー

| ニュース | 19:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。