PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

オレンジフェリーワンナイトクルーズお別れ乗船 その5

黄昏時の穏やかな瀬戸内海を「おれんじ8」は進路を西へ。

orengeonenight19.jpg

塩飽諸島の島並が左右に広がる頃には、少しずつ暗くなってきました。

orengeonenight20.jpg

ワンナイトクルーズの利用者は18時からの夕食とのことでレストランへ。
夕食は和食又は洋食のコース料理からの選択ですが、利用者が多い場合はバイキングになることもあります。
小生は以前乗船した際に洋食を選んだので今回は和食にして、ドリンクはビールにしました。和食ですと画像の献立に加えて、この後で天婦羅とご飯・味噌汁とデザートが付きます。

orengeonenight21.jpg

船外はすっかり暗くなってきました。
瀬戸内海の船旅で是非楽しみたいのがコチラ、雲間の間にタイミング良く拝むことが出来た、この日の大変素敵な日没シーンです!

orengeonenight22.jpg

新居浜、東予と入港後はレストランがオープンしますので、しばし食後のアルコールタイムを楽しみましょう。
生ビールはオレンジフェリーの描かれたカップで頂けます。また日本酒は画像にある新潟と青森の清酒や大分の麦焼酎、宮崎・鹿児島の芋焼酎の銘柄が並びます。

orengeonenight23.jpg

飲んベえにはこのペーパーに書かれた清酒、焼酎、泡盛の銘柄の中から3品選んで500円というメニューがお薦め。ぐい飲みで選んだ3品を味わうことが出来ます。

| 乗船記 | 17:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

オレンジフェリーワンナイトクルーズお別れ乗船 その4

夕刻の備讃瀬戸東航路を「おれんじ8」は西へ。

orengeonenight14.jpg

同じく西へ向かう内航貨物船を眺めながら、右手に見えるは直島や遠く玉野の市街地。

orengeonenight15.jpg

瀬戸大橋の姿が次第に前方に広がってきます。
そうして船好きにはこの日最大のイベント、大阪南港を目指す、オレンジフェリーの僚船「おれんじ7」が近付いてきました。

orengeonenight16.jpg

ファン興奮のこのすれ違いシーンが見られるのももうあと僅か。
この日は望遠レンズ、100㎜前後でこの大きさで撮影出来ましたよ。

orengeonenight17.jpg

瀬戸大橋をくぐるのは17時30分頃のこと。未だ十分明るい時間の通過となりました。四国側、坂出に丸亀と市街地も良く見えていました。

orengeonenight18.jpg

児島方面へ向かう、湘南色3連の115系電車が渡っていくのをパチリ。
船はこれから塩飽諸島にさしかかります。

| 乗船記 | 20:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

オレンジフェリーワンナイトクルーズお別れ乗船 その3

orengeonenight09.jpg

14時頃、「おれんじ8」は予定通りに明石海峡大橋を通過。デッキは日差しは強いですが、海風が心地良いです。

orengeonenight10.jpg

左手に淡路島を見ながら、船は播磨灘へ入ります。5階ラウンジのソファーに座り、しばしお昼寝タイム。
目を覚ませば小豆島の島影が大きくなってきています。ちょうど高松港を出て、坂出港を目指すジャンボフェリー「りつりん2」とすれ違い。

orengeonenight11.jpg

小豆島南端の釈迦ヶ鼻、地蔵埼灯台沖を16時に通過。これより速度制限に従って備讃瀬戸東航路を進みます。

orengeonenight12.jpg

土庄港を出て高松港へ向かう小豆島急行フェリー「第一しょうどしま丸」が、通過航路を横切っていきました。

orengeonenight13.jpg

右手に豊島を眺め、左手には男木島の灯台が見えてきました。当航路のハイライトがまだまだ続きます。

| 乗船記 | 10:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

オレンジフェリーワンナイトクルーズお別れ乗船 その2

昼食をとるべくレストランへ。

orengeonenight05.jpg

ワンナイトクルーズは3食込みの運賃ですが、一般乗船者向けメニューにはカフェテリアメニュー各種やおでん、ご覧の魚の味噌煮を中心とした、オレンジ定食も用意されていました。

orengeonenight06.jpg

アルコール類もビールやワインの他、日本酒に焼酎も各種充実した品ぞろえ。
今月飲んで欲しい銘柄として青森産清酒、鹿児島産の芋焼酎がピックアップされていました。

orengeonenight07.jpg

ワンナイトクルーズのウェルカムランチは鳥唐揚げやエビフライ、カレーやラーメンなどからレストランにて当日チョイスするスタイル。小生は鳥唐揚げとウェルカムドリンクにビールを頂きました。

orengeonenight08.jpg

昼食を済ませたらブリッジ見学です。この日も本船が明石海峡に入る前、神戸沖あたりで行われました。


| 乗船記 | 10:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

オレンジフェリーワンナイトクルーズお別れ乗船 その1

orengeonenight01.jpg

この9月で企画が無くなることになったオレンジフェリーのワンナイトクルーズ。
本誌でも昼間の瀬戸内海クルーズが手軽に楽しめるこの企画は何度か紹介してきましたが、お別れ乗船として、たの船スタッフで乗船してきましたのでレポートします。

orengeonenight02.jpg

オレンジフェリーの大阪南港~新居浜港、東予港の舷航路ですが、10月から昼便の運航が無くなると同時に新居浜港への寄港が取りやめとなることになりました。同社ではその背景に高速道路や3橋の運賃値下げ、燃油費の高騰、をあげており、夜便に特化した効率的航路運営を実現する為の構造改革を行うことになったとしています。
今回このダイヤ改正を受けて、ファン以外からも好評なワンナイトクルーズも残念ながら中止となることになりました。
12:40発のこの便は各客室ともに空席あり、ワンナイトクルーズ利用者は20名前後だったでしょうか。来月の週末には最後の乗船を楽しまれるファンの数も増えてくることでしょう。

orengeonenight03.jpg

「おれんじ8」でもインターネットアクセスサービスが利用可能です。乗船後に案内所で申し込み、ルーターをレンタルさせて貰うスタイルで、補償金3.000円とのことです。

orengeonenight04.jpg

昼さがりの大阪南港を出航、レストランでの昼食タイムもスタート。
猛暑の大阪市街地を出て、夏空のもと素敵なクルーズが楽しめそうです。

----------------------------------------------------------------------------------------
「おれんじ8」のインターネット接続サービスにつきまして、読者の方から「終了しているのではないか?」との情報を頂きました。
乗船日の8月下旬には大阪南港に未だ案内の掲示があり(画像のもの)ましたので紹介しました次第です。
本サービスご利用希望の方は、乗船時に船内案内所にてご確認頂けますようお願い致します。
----------------------------------------------------------------------------------------

| 乗船記 | 11:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。