PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

水上遊撃隊の3・6報告

東神奈川をAM5時50分出発の見学クルーズ(3000円/1時間)。船は定員12名のフィッシングボートです。
参加者は20名程度で、2隻に分かれて出発。今日は会社を休んで来ました!と言う人の声も。

photo01.jpg

入港シーンを激撮するはずだったのですが、辿り着いたのは6時10分を回った頃。既に接岸中でした。
見学船が小さかったこともあり、かなりの揺れに見舞われました。撮影時は小雨だけでなく海水まで浴びる始末で、朝からヒヤヒヤです。
6時45分頃に撤収したので、見学時間は35分程度でしたが、港に戻る頃には睡眠不足や揺れにより、早くも船酔い状態に…。

入港もかろうじて押さえたので、昼はナッチャンを撮影することにしました。
狙うは大桟橋から、第1便の戻り12時20分です。ところが、デッキに出ると凄い風雨。防塵防滴のカメラを持って行きましたが、ここまで雨晒しにしては故障の不安がつきまといます。少々煩わしかったのですが、左手で傘をさしながら右手で撮影。

photo02.jpg

それにしても撮りづらいなあ…、と思っていたら、暴風で傘が壊れていました。

いよいよ最後のチャンス、QM2の出港時間が近づいてきました。
朝の失敗に懲りず、船上からの撮影に再挑戦。赤レンガ倉庫より出発するリザーブドクルーズの見学プラン(1000円/1時間)でQM2の出港を狙います。船はリザーブ1、40名乗りの双胴船でとても速そうです。
クルーズは16時30分からですが、待合所にはあまり人がいません。荒天のせいで多くの人が撤退したのでしょう。結局乗ったのは17名で、そのほとんどが親子連れやカップルでした。

港を出て15分ほどで、接岸されたQM2の後方へ接近。巨大すぎて望遠レンズでは収まりきらないほど。相変わらずの荒天でしたが、もはやズブ濡れでも気にしません。レンズを拭きながらたくさん撮影しました。

photo03.jpg

時間は17時10分を過ぎ、いつまで経っても動きのないQM2にヤキモキしていましたが、リザーブ1は出港までウエイトして、日本を旅立つQM2を見送らせてくれました。

| 取材現場 | 00:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tanofuna.blog33.fc2.com/tb.php/94-1b05fdeb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。