PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

QV長崎入港

QM2横浜入港の前日、こちらも国内初寄港となるQVの撮影・取材で長崎を訪ねました。
まずは早起きして、女神大橋のたもとへ向かいカメラをセット。午前7時前、その巨大な姿が見えてきました。女神大橋通過です。

qv@ngs01l.jpg

急いで女神大橋を撤収し、松が枝埠頭へレンタカーを飛ばします。何とか着岸に間に合うことが出来ました。女神大橋付近とは異なり、水辺の森公園付近は大勢の見学者で賑わっていました。

qv@ngs02.jpg

今回は船内見学に参加することが出来ました。その豪華で格調高い雰囲気に驚くことしきりです。
階段ホールにはキューナード歴代フリートの画が飾られています。そんな一角に発見したのは引退したQE2の画とカーニバルラインのクルーズ船の模型です。伝統あるキューナードラインも今ではカーニバル傘下のクルーズブランドとなりました。

qv@ngs03.jpg

船内ツアーは1時間を超えましたが、そんな中からパブリックスペースのエントランスホールを紹介しましょう。まるでロンドンの街角に立っているような雰囲気です。下階の案内所・ショップと上階のバー・ライブラリーをつなぐ吹き抜けの構造となっています。

qv@ngs04.jpg

下船後は再び女神大橋へ向かい、橋上から俯瞰で出港シーンを撮影し、翌日のQM2取材に向かうべく長崎を発ちました。

by南海

| 取材現場 | 10:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tanofuna.blog33.fc2.com/tb.php/93-ed5f877a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。