PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ナッチャンWorldを海上から

横浜港の特徴のひとつ、それは、平日でも数多くの遊覧船や水上バスが運航され、海外の客船が来航すると特別な運航ダイヤや海上からの見学クルーズが運航されることがあること。QM2来航時もたくさんの見学クルーズが運航されていました。

さて、南海氏が「ナッチャンWorld」で大桟橋を後にする頃、わがちぃむ瀬木寄瀬は赤レンガ倉庫前のピア赤レンガ桟橋で、横浜港内の海上交通「シーバス」を待っていました。山下公園に向かうシーバスの出港時刻は「ナッチャンWorld」の出港時刻とほぼ同じ。ということは大桟橋を離れた「ナッチャンWorld」を海上から間近に眺めることができるかもしれないわけです。

nw_01.jpg
ピア赤レンガを出港してまもなく、右手前方に大桟橋を離れゆっくりと後進する「ナッチャンWorld」が見えてきました。シーバスは「ナッチャンWorld」を正面に見ながら進みます。

nw_02.jpg
そして「ナッチャンWorldがちょうど大桟橋の沖合で前進をかける頃、シーバスは「ナッチャンWorld」を間近に、大桟橋との間をすり抜けて山下公園に向かいました。

nw_03.jpg
低い位置から見上げるようなアングルの「ナッチャンWorld」もまた迫力満点。どんな位置関係になるかはその時次第ですが、遊覧船や水上バスからの船舶撮影は、陸上からとはまた異なる新鮮さがあります。

byちぃむ瀬木寄瀬

| 取材現場 | 16:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tanofuna.blog33.fc2.com/tb.php/92-10ec8a00

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。