PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

客船・フェリーがいちばん美しい時

クリスマスから年末年始の繁忙期を終えたこの時期、国内のクルーズ客船や大型フェリーはドックのシーズンを迎えます。閑散期に十分なメンテナンスを施しておくことで春先以降の安全運航が約束されるわけです。

ドックでは船体そのもののメンテナンスとともに、錆が出てきた船体の再塗装も行われます。ということは、ドックを終えた直後の客船やフェリーは船体の錆やタグボートのタイヤ跡などもないぴっかぴかということ?

そうなんですよ。ドックを終えた直後の客船やフェリーは錆や汚れもない最もきれいな姿なのです。客船ファンの中には汚れがまったくないドック明けの回航を狙って撮影に赴く人もいます。

asuka2.jpg

写真は1月17日にドックを終えて横浜港大桟橋へ向けて横浜航路を航行中の「飛鳥II」です。
年末年始のグアムサイパンクルーズを終えて1月5日から横浜の三菱重工業でメンテナンスを受けていた「飛鳥II」、メンテナンスを終えてこの日の朝に三菱重工業を離れ、東京湾内で2時間ほどのトライアル航行をした後、正午前に大桟橋に着岸しました。
穢れなき美しい姿。1月20日、54日にわたる南太平洋グランドクルーズに出帆します。

byちぃむ瀬木寄瀬

| 雑感 | 10:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tanofuna.blog33.fc2.com/tb.php/73-3f9c48c3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。