PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

屋久島・宮之浦港でジェットフォイル撮影

南海です。今年も宜しくお願い致します。
さて今回は昨年末訪ねた屋久島、宮之浦港で撮影した画像を紹介します。
フェリー岸壁からつながる防波堤で撮影。ここはジェットフォイルの翼走を200ミリ前後のレンズで撮影出来ます。

jf@miyanoura02.jpg

まずは鹿児島商船の「トッピー5」が入港してきました。この日の港外は波・うねり共に高く、船艇を海面上高く持ち上げ、アプローチしてくるのがわかります。波に強いジェットフォイルの本領発揮ですね。

jf@miyanoura01.jpg

続いてコスモライン「ロケット3」です。黄色いマストが見分けるポイントになります。

さて、この2隻ですが、川崎造船製造のジェットフォイルでも国外輸出を果たした2隻です。スペインのカナリア諸島で仲良く運航されていましたが、運航休止に伴い、2005年に買い戻された経歴を持ちます。

現在鹿児島と種子島・屋久島の航路は鹿児島商船(岩崎グループ)の5隻とコスモライン(市丸グループ)の3隻、計8隻のジェットフォイルが走る高速船激戦区となっています。カナリア諸島で活躍していた2隻の姉妹船がそれぞれライバル2社で同じ海を今は走っているのはなんとも奇遇なことです。

昨年末には「フェリー屋久島2」を市丸グループが購入し、岩崎グループが「屋久島丸」を運航開始するというニュースが相次ぎました。種子島・屋久島航路で今日も続く2社の熱い戦いからはまだしばらくの間は目が離せそうにありません。

| 取材現場 | 10:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tanofuna.blog33.fc2.com/tb.php/69-8ed231eb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。