PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

宇高国道フェリー「こくどう丸」乗船記②

高松港から宇野港まではダイヤ上で55分の航海時間となっています。
港外に出て、右手に見えるのは女木島(通称鬼ヶ島)です。この女木島の北側には映画「喜びも悲しみも幾年月」の舞台となった灯台のある男木島があります。

kokudou04.jpg

この2島と高松港の間は赤い船体のかわいいいフェリー、雌雄島海運の「めおん2」が結んでいます。いつか訪ねてみたい島、乗ってみたい船のひとつですね。

さて、船は平穏な宇高航路を進みます。左手に見える備讃瀬戸大橋は遠いですが、再び行き交う船の数が増えてきました。

そして宇野港入港前に左舷側に見えるのが三井造船玉野造船所。自衛隊艦船に交じって見えたのがこの「TSLおがさわら」です!これが見たくて当航路に乗船しましたが、宇野港発便のほうがもっと近くを通るようです。

kokudou05.jpg

少し遅れて、宇野港に到着です。JR駅前まで歩き、岡山駅までは特急バスが便利でした。
小生はこれが本年の乗り納めになります。来年も全国なおすすめ航路と素敵な船を紹介していきたいと思います。

kokudou06.jpg

By 今和泉

| 乗船記 | 10:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tanofuna.blog33.fc2.com/tb.php/64-dc1f3885

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。