PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

阪九フェリー新造船「ひびき」命名式・進水式 その2

命名式に引き続いて進水式がとり行われます。

hankyuhibiki06.jpg

建造船が船台から海上に出るにあたって、船底回りでは各種留め金が造船所職員の方のより外されていきます。そして準備が整うと、いよいよ支綱切断。今回その大役を務めたのは2014ミス・ユニバース・ジャパンの辻恵子さんでした。

hankyuhibiki07.jpg

支綱が切られると、「ひびき」は海上へ滑り落ちていきます。くすだまが割れ、テープが流れ、風船が舞い、上空で花火が鳴ります。来年瀬戸内海に就航するファン期待の新造船の誕生の時に立ち会えて、まさに感動の一瞬です!

hankyuhibiki08.jpg

全長195m、総トン数16.000トンの威風堂々たる「ひびき」が関門の海に浮かびます。「いずみ」「ひびき」は在来船よりも全幅が3mほど(車両甲板1レーン分)増えていますので、その様子がこのアングルからもうかがえると思います。

hankyuhibiki09.jpg

こちらのアングルも。「ひびき」はこれより艤装作業が進められて行きますが、今回の新造船の目玉となる「ニューながと」以来の設置となる最上級客室ロイヤルのラインがブリッジ後方に確認出来ます。最上階の7Fに左右1室ずつ設けるロイヤルは、寝室に加えて、オーシャンビューの浴室、外部のプライベートデッキを備えています。
また7Fに加え、6Fの上等級区画も在来船からの変更点として、両舷いっぱいまで客室スペースが拡大され、各キャビンの海側の視界が確保されているのが判ります。そしてブリッジ下にはこれまた目玉となる、前方視界が楽しめる展望ルームが置かれているのが確認出来ます。

hankyuhibiki10.jpg

進水した「ひびき」が艤装岸壁へ。この日下関造船所では航海試験も始まった姉妹船「いずみ」とこれから艤装作業が進められる」ひびき」が岸壁を挟んで仲良くならぶシーンが見られました。2船が就航すると、なかなか見られないシーンです。

阪九フェリー新造船「いずみ」は来年1月に就航、「ひびき」は4月に就航の予定です。気になる新造船2隻の今後は、来年発売予定の次号、当ブログにて紹介する予定です。

by 南海 

| 取材現場 | 11:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tanofuna.blog33.fc2.com/tb.php/464-7bc816bf

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。