PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

名鉄フェリー 師崎=伊良湖航路が廃止

1969年の航路開設以来約45年にわたって知多半島と渥美半島を結んできた名鉄フェリー(名鉄海上観光船)の師崎ー伊良湖航路が9月30日に航路廃止されました。

flwln_1.jpg

三河湾口を横断するこの航路は、名古屋方面から伊良湖岬、そして浜名湖方面へのバイパスルートとして開設され、ほぼ同じ時期に供用が開始された自動車専用の知多半島道路、南知多道路からのアクセスに恵まれたこともあって、1970年代から80年代にかけては観光需要を中心に週末は積み残しが当たり前という時期もありました。また当時は伊勢湾フェリーが鳥羽ー師崎航路を運航していたこともあり、伊勢湾フェリーの鳥羽ー伊良湖、鳥羽ー師崎航路とともに「伊勢湾トライアングル」と呼ばれていた時期もありました。

flwli_2_20141004230713bb5.jpg

しかしここ数年は、道路網の整備や高速道路の料金値下げの影響などを受けて観光需要が低迷、さらにもともとトラックなどの商用車の需要が少ない航路であることや、知多半島と渥美半島との間の人的交流が古くからさほど活発ではないという風土的事情もあって需要が低迷、1就航から20年になるフェリー「フラワーライン」の経年化リプレースという課題も生まれたことから航路廃止が決まりました。

flwln_3.jpg

最終日となった9月30日は、愛知県の旅行代理店が企画した最終便乗船と伊良湖での日帰り入浴の日帰りツアーも催行され、師崎発の最終便は出港前に船長への花束贈呈、紙テープに見送られての出港になりました。

flwln_4.jpg

1994年から20年にわたってこの航路を支えてきた「フラワーライン」は定期運航を終えた後、インドネシアに活躍の場を移します。

Y.Tokumitsu

| ニュース | 23:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tanofuna.blog33.fc2.com/tb.php/458-fd06c032

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。