PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

フェリーさんふらわあ別府航路取材 その2

出航の画を撮影したらレストランへ。乗船開始時から既に夕食バイキングが始まっています。

dangan006.jpg

季節の料理が並ぶ中、献立の中に大分名物”とり天”も並んでいました。

dangan007.jpg

筆者の1ラウンド目。自販機で購入する生ビールはフェア中ということで、いつもより安い値段になっていました。とり天は勿論、およそ各メニューを1品ずつ。関西汽船の頃から筆者の好物の、だし汁が決め手のおでんも外せません。残念なのは、のんびりと食事して、ビールも2杯目・・といかないこと。次のイベントの撮影がありますので。

この日の船内イベント、落語イベントの撮影を済ませて、明石海峡の夜景を撮影すべく船尾デッキへ出ます。船はちょうど神戸沖を航行中。

dangan008.jpg

そして右舷側には阪九フェリーの神戸港発便が並走しているのに気付きました。いっぽう左舷側には大阪南港を出た、名門大洋フェリーの2便が並走中。瀬戸内海航路を代表する各社の大型フェリーが神戸沖でランデブー、明石海峡の入り口を目指すシーンに興奮のひとときでした。

dangan009.jpg

明石海峡大橋の下をくぐって、船は播磨灘へ。もうここも何度通過したことやら。でもライトアップされた橋の姿に対岸の夜景は何度見ても素晴らしく、瀬戸内海の船旅ならではのものですね。

by南海

| 取材現場 | 09:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tanofuna.blog33.fc2.com/tb.php/454-45ec1c1a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。