PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

東海汽船「橘丸」進水式 その2

無事に進水した満艦飾の「橘丸」は沖合に出て、側面の様子が伺えるようになりました。

tachibana07.jpg

ブリッジライン後方のハウス部分はグレーの下地が見えていて、塗装はこれからというところ。
先代「橘丸」でも採用されていたベースのイエローオーカー色にオリーブ色を織り交ぜた大胆なカラーリングの全貌が観られるのはもう少し先になりそうです。早く見てみたいものですね。

tachibana08.jpg

船台前の関係者主賓招待席には、式中そして進水後も終始「橘丸」の姿をその温かいまなざしで見守るこのお方のお姿もありました。東海汽船の名誉船長で、本船の名付け親となった画家の柳原良平氏です(画像前方右、船長服姿)。柳原氏は今回「橘丸」のカラーリングも担当されています。

tachibana06.jpg

やがて「橘丸」はタグボートに押されて艤装岸壁へ。これから来年6月予定の竣工へ向けて、内外装の作業が続けられていきます。

tachibana10.jpg

三菱下関造船所を後にして、ファンの皆さん(読者の方々)にご一緒にさせて頂いて、下関(唐戸)から関門汽船に乗って巌流島に行ってきました。巌流島の桟橋に立てば、造船所は目の前。その一角に「橘丸」の姿を眺めることが出来ました。デリッククレーンに大きなファンネルが逞しい印象ではないですか!

tachibana09.jpg

造船所の他方に眼をやれば、「橘丸」に先行する格好で9月に進水した伊豆諸島開発の新造船「あおがしま丸」(八丈島~青ヶ島間、来年1月就航予定)もありました。

「橘丸」の続報は来年発売の本誌でもお届けする予定です。

| 取材現場 | 09:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tanofuna.blog33.fc2.com/tb.php/429-dba03c3a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。