PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

隠岐汽船「レインボー2」 取材こぼれ話 その2

続いて船内を見ていきましょう。

rainbow05.jpg

航海士さんに迎えられて船内へ入ります。船内は2階建てで、全席自由席。2階席には2か所設けられた階段から登っていきます。

rainbow07.jpg

こちらはファンおススメの1階最前方席。前方視界がばっちり眺められますので、乗船時は早目に並ぶと良いでしょう。船内売店は設置されていませんので食事は港で購入しましょう。船内自動販売機ではソフトドリンク、ビールも売られていました。

rainbow08.jpg

高速船ならではの安全のしおりがシートバックポケットに置かれています。ジェットフォイル同様に、航海中はシートベルト着用が義務付けられています。

rainbow10.jpg

シートベルト着用に関して、当航路でも航行中に高速船が海洋生物と衝突する事故が発生しています。
まずは船内で見つけた”航路付近鯨類等目撃情報”の案内です。鯨類等の目撃情報と目撃回数(月毎)が年毎に書かれていました。

rainbow09.jpg

これは基準航路図ではなく、鯨類等衝突予防迂回コース航路図になります。航路図中央付近の円内が鯨類目撃多発海域で、この付近で本船は迂回・減速を行うようです。

日本海を高速で航海する本船、船員さん達はブリッジで海洋生物と漂流物の発見・回避に努めています。次回はそのブリッジの様子を紹介。

by南海

| 取材現場 | 10:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tanofuna.blog33.fc2.com/tb.php/423-fd5d7ba9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。