PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【新造船ルポ】久米商船「フェリー琉球」

次号の本誌では、2012~2013年にかけて就航した新造船を紹介します。
羽幌沿海フェリー「さんらいなぁ2」や津軽海峡フェリー「大函丸」をはじめ、久米商船「フェリー琉球」や伊江島村営「いえじま」など、にっぽん列島を北から南へ縦断!新しい船の魅力をお伝えいたします。

kumej1756.jpg

2012年7月に就航した久米商船「フェリー琉球」。前船「フェリーなは」に比べ、総トン数は倍近くの1188トンと大きくなったにもかかわらず、定員は350名と差ほど変化はありません。ゆったりとした船室となっています。
また速力もアップし(19.0ノット)、那覇(泊)~久米島間は40分も短縮されました。そのため僚船「ニューくめしま」とは異なるダイヤが組まれています。

kumej3054.jpg

取材した4月中旬は、まるで梅雨入りしたかのような天候が続きましたが、航海中は時おり陽が差してくれ、甲板に出れば心地よい風が吹き抜けていきます。
そう、この木甲板も「フェリー琉球」の魅力のひとつです。メンテナンスの手間や建造費もかかるでしょうが、そこは船社の心意気。他船とはひと味違う、船旅の魅力を味わえるのも魅力です。ゴロンと寝転がれば、気持ちいいでしょうね~。
誌面では、船内の様子やブリッジでの操船風景の模様をお伝えします。

byシマズ

| 取材現場 | 08:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tanofuna.blog33.fc2.com/tb.php/406-c8220f84

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。