PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

羽幌沿海フェリー新造船「さんらいなぁ2」取材

今回取材で訪れたのは北海道の日本海側、留萌管内にある離島「天売島」「焼尻島」を結ぶ、羽幌沿海フェリーです。今年の4月に高速船の新造船「さんらいなぁ2」が就航しました。

TFblog_sunliner2_001.jpg

昨年引退した「さんらいなぁ」の後継として新たに就航した本船は、船底に高張力鋼を使用することにより、以前の「さんらいなぁ」よりも波に対する安定性が高くなりました。

TFblog_sunliner2_005.jpg

船体側面には、地元羽幌のバス会社「沿岸バス」の萌えっ子キャラクター「観音崎らいな」ちゃんのイラストが描かれています。天売島の景勝地「観音崎」と高速船「さんらいなぁ」から名付けられたキャラクターで、羽幌港フェリーターミナルと沿岸バス本社ターミナルを結ぶ連絡バスにも描かれています。

TFblog_sunliner2_006.jpg

天売島は羽幌町の西30km沖に位置している、周囲約12kmの離島です。島の北西部の断崖はオロロン鳥(ウミガラス)をはじめとする海鳥の繁殖地として国の天然記念物に指定されています。取材時はちょうどウトウの繁殖のシーズンでバードウォッチングをする観光客が島を訪れていました。

TFblog_sunliner2_007.jpg

天売島に向かう船内からも、ケイマフリが飛行する様子を観察することができました。
7月発売予定の今号では日本各地の魅力的な船を紹介しますので、発売をお楽しみに!

by くまたか

| 取材現場 | 17:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tanofuna.blog33.fc2.com/tb.php/405-145e416c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。