PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「飛龍21」乗船取材記 その5(飛龍21の未公開船内写真)

今回は飛龍21の船内がどんな風になっているのかご紹介したいと思います。
いくつかのお部屋は誌面でもご紹介しましたが、誌面では限りがあるのですべてはご紹介できませんでした。今回は誌面で紹介できなかった、お部屋の写真を紹介していきたいと思います。

まずは客室の紹介です。飛龍21には1等、2等寝台、2等の3クラスがあります。
1等室は5階の船首側に2室あります。

020左舷一等室(001号室)re_TFblog

こちらは誌面でも紹介した左舷側にある001号室です。
001号室はダブルベッドが部屋の中央に斜めに2つ並んでいて、ベッドサイドにソファーセット、後ろにはユニットバスが設置されています。
船首側には小さな窓が一つ、側面には大きな窓が設置されていて、窓の横にはクローゼットが設置されています。

022右舷一等室(002号室)re_TFblog

こちらは誌面で紹介できなかった、右舷側にある002号室です。
こちらはホテルのツインルームのように、ダブルベッドが離れて2つ並んでいて、ベッドサイドにソファーセットがあります。船首側に小さな窓があり、側面には足下まで広がる大きな窓があり、001号室と同じく窓の横にクローゼットが設置されており、その横にはユニットバスが設置されています。

2室ある1等室はそれぞれ特徴のあるお部屋で、どちらのお部屋も快適そうでした。恋人同士や夫婦なら001号室、お友達と一緒なら002号室といった感じでしょうか。

021一等室アメニティre

こちらは1等室共通のアメニティです。
歯ブラシや石けんやシャンプー類とお茶セットです。リフレッシュメントにあめ玉が用意されていました。
設置されていたテレビはまだブラウン管テレビでしたが、航海中は衛星放送しか受信をすることができないので視聴には十分ですね。

049レキオホール(普段は閉鎖)re

普段は閉鎖されている「レキオホール」を特別に見学させていただきました。左右にソファーが配置された広いホールで奥にはテレビモニターとカラオケセットが設置されていました。有村産業で運航されていたときは、パーティーを催すようなラウンジとして利用されていたようで、クルーズフェリーとしての当時の豪華さをうかがうことができます。
少ない乗組員で運航されている本船では、管理や警備上の理由で普段は閉鎖しているとのこと。少し残念に思いますが、船内の安全のためには仕方がないことでしょう。

公室は誌面で紹介した、「バー飛龍」「プロムナード」「キャプテンズサロン(日没後・荒天時は閉鎖)」の3カ所だけですが、どこもキレイに掃除されておりとても過ごしやすい船内でした。
喫煙室はプロムナード奥に設置されていました。こちらは元ゲームコーナー場所を喫煙所として開放しています。そのため壁面にはコンセントがたくさんあり、携帯を充電しながら一服する乗客もいました。

by くまたか

| 誌面から | 15:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tanofuna.blog33.fc2.com/tb.php/386-d720ba6b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。