PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「フェリー波之上」見学会 その3

naminoue11.jpg

沖縄航路の船らしく、大浴場は設けられていませので汗を流すのはこのシャワールームで。
画像は女性用で、入り口に入れば、手前にロッカールームとパウダールームが設置されていました。

naminoue12.jpg

おしまいにブリッジを。両ウイングには操船パネルとジャイロが置かれます。
今回も採用されたオープンの造りはマルエーフェリー流のもので、床には木製の板が本船でも敷かれていました。

naminoue13.jpg

1軸1舵のメカニズムは前船「フェリーあけぼの」同様です。画像のエンジンテレグラフがその証ですが、寄港地の狭い港内取り回しを考慮し、バウスラスター1基及びスターンスラスター2基のラインは前船から引き継がれたものの、それぞれ出力がアップされたそうです。
また本船では船首船底付近で気泡を発生させ、船底の抵抗減少を図り、結果燃料効率の向上を図るシステムを新たに採用していることも特徴です。

naminoue14.jpg

今回紹介した新造船「フェリ-波之上」は、9月27日(木)、鹿児島新港出港便から就航します。

naminoue15.jpg

最後に就航を間近に控えた本船事務長さんを中心に、事務部女性スタッフの方に登場頂きましょう。
正直数年前の就航時に取材した「フェリーあけぼの」と姉妹船とのことで今回期待を押さえての見学となりましたが、見直しが行われた船内に新採用のメカニズム等、ファンなら乗り比べも楽しそうな「フェリー波之上」。

次号では乗船記を紹介する予定ですのでお楽しみに。

by 南海

| ニュース | 22:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tanofuna.blog33.fc2.com/tb.php/371-555ef82c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。