PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

天草の海を堪能! 天草宝島ラインに乗船 その1

amakusasea01.jpg

今回の取材スタートは、昨年の九州新幹線前線開業で賑わうJR熊本駅。切符を買って、改札をくぐります。
たの船取材なのに、どうして今回は列車なのか?人吉行の”SL人吉”が発車したホームには、続いて阿蘇方面行の観光特急”あそぼーい”が入線します。続いて入線する、こちらが本日乗る特急”A 列車でいこう”です。今日はこの列車に乗って、まずはJR三角駅を目指します。
昨年10月から運行を開始した”A 列車でいこう”は天草諸島と熊本市街を結ぶJR九州の観光特急列車で、10時過ぎの発車なので、関西圏からの乗り継ぎも可能です。

amakusasea02.jpg

全席指定席の2両編成の車内、1号車後方にはカウンターバーが設けられ、名物デコポンハイボールも楽しめる他、”A 列車でいこう”グッズなども販売しています。
アダルトな雰囲気の列車は、内外装ともにJR九州で以前から車両は勿論、駅舎などのデザインも手掛けてきた、インダストリアルデザイナーの水戸岡鋭治氏によるものです。

amakusasea03.jpg

38分の鉄道の旅、三角駅に列車は到着します。画像は”A列車で行こう”の運行に合わせ、水戸岡鋭治氏により南蛮風にリニューアルした三角駅駅舎です。駅を出たら、三角港の船乗り場は目の前。ここからはたの船らしく、船の旅を楽しむことにしましょう!

amakusasea04.jpg

こちらが本日乗船します、天草宝島ラインのクルーザー「マリソル」号です。船艇下部をブラックに塗った外観が豪華客船のようでカッコ良いです。それもそのはず、こちらの「マリソル」号も”A列車で行こう”の運転開始に合わせて、水戸岡氏監修によりリニューアルしたものです。
天草宝島ラインはここ三角と天草諸島を結ぶ、海上アクセスとして当初スタートしましたが、現在では”A列車で行こう”の接続も考慮したダイヤを組み、国内初、国内唯一の列車と定期船を利用した観光ルートを形成しています。列車・駅舎に船舶と、統一デザインによる高級感ある旅のイメージを採用していることにも注目です。

by今和泉

| 取材現場 | 10:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tanofuna.blog33.fc2.com/tb.php/338-dcb6f5d1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。