PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

関西汽船の終焉

kanki2249.jpg
10月1日、関西汽船とダイヤモンドフェリー、両社の持ち株会社フェリーさんふらわあの3社が合併することになりました。新会社の社名はフェリーさんふらわあとなり、これは1942年に会社創立、昭和30年代~40年代にかけて最盛期を迎え、瀬戸内海航路のみならず、南西諸島や海外にまで航路を伸ばた昭和の名門船会社で、愛好家は勿論、一般にまで広くその存在が知られた、歴史ある関西汽船の名前が消えることを意味します。
商船三井傘下にあった関西汽船とダイヤモンドフェリーの2社は2003年に業務提携を開始。2007年のダイヤモンドフェリーとブルーハイウェイの合併を経て、2009年に2社の株式移転を実施し、持ち株会社フェリーさんふらわあを設立、同社の完全子会社化が行われています。
高速道路料金値下げや景気低迷による業績下降から、近年も路線再編や減船といったリストラに努めてきましたが、同社では今回の合併で経営資源の集約や効率的な運用を一層進めるとしています。
今回の合併でその長いヒストリーも終わろうとしていますが、輝かしい歴史をもつ関西汽船の名前は私達ファンの記憶の中から決して消えることはないでしょう。

| ニュース | 11:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tanofuna.blog33.fc2.com/tb.php/296-ad2338d5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。