PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

明治3大築港、三角西港を訪ねて

NHKドラマ「坂の上の雲」の放送を毎回楽しみにしていて、日露戦争物がマイブームの筆者。三角町営交通船乗船を終え、訪ねたのがここ三角西港です。歴史ある港であると同時に「坂の上の雲」のロケが行われた場所ということで是非訪問してみたい場所でした。

misumi01.jpg

三角西港の開港は明治20年のこと。明治政府による国内統一、殖産振興の政策に基づいて建設された地方港湾の1つで、オランダ人の水理工師ムルドルの設計により造られたものです。しかし後世においてその役割を鉄道の終点が設けられ、町営交通船も発着する三角東港に移したことから、本港がその後栄えることは無く、100年の歳月がたった現在でも開港当時の都市計画・石積埠頭がほぼ無傷のまま残っていることが特徴です。

misumi02_20101220191441.jpg

岸壁を離れれば、周辺は公園として整備されています。画像右手は復元された旧高田回漕問屋です。回漕問屋とは沿岸航路で旅客や貨物輸送の取り次ぎをした問屋のことだそうで、当時4隻の汽船を所有していたそうです。室内も見学可能でした。

misumi03_20101220191339.jpg

こちらは開港時にオープンしたホテル浦島屋を再現したもの。ここ三角西港にゆかりのある人物が明治期の日本を愛した作家小泉八雲ことラフカディオ・ハーンです。八雲は当時この2階から見える海岸の風景を絶賛したそうです。

misumi04.jpg

西港の由緒ある石造りの岸壁に立っていると、列強各国に果敢に挑んでいった当時の日本人の息吹が聞こえてくるような気がしました。

By今和泉

| 乗船記 | 19:15 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010/12/23 18:24 | |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tanofuna.blog33.fc2.com/tb.php/262-85ab12a9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。