PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「はっこう21」乗船取材③

備讃瀬戸東航路を航行中のブリッジで現在地確認と到着時刻の予測を行う大ベテラン
の森山船長。船長のお父様は俳句や短歌をたしなまれる方だったそうで、手紙のやり
とりにも俳句や短歌を交えていたとのこと。その影響から、現在でも歌を詠まれるの
が趣味のひとつになっているそうです。若い頃乗っていた外航船で訪ねた南米の景色
が今でも忘れられないのだとか。

hakkou009.jpg

備讃瀬戸東航路を離れた船の上からは備讃瀬戸大橋の姿が大きく見えてきました。水
島港を目指す「はっこう21」はこのうち最も北に位置する下津井瀬戸大橋をくぐりま
す。画像右手が本州側の岡山県児島市となります。

hakkou010.jpg

瀬戸大橋をくぐった船は進路を北へ。右手に見えてくるのは水島港の臨海工業地帯で
す。化学工場の煙突に並んで確認出来たのは、大型船の建造が続くサノヤス・ヒシノ
明昌水島製造所。

hakkou011.jpg

夕暮れの水島港を出航後、暗くなった燧灘を西へ。そして22時頃の来島海峡通過とな
りました。今夜も海峡を通過する船舶は多いようです。レーダーや操船機器の照明だ
けが灯る暗いブリッジでは森山船長により船速・進路が指示されていきます。その
シーンをカメラの感度設定を102,400に設定して捕らえてみました。

hakkou012.jpg

来島海峡を無事通過、「はっこう21」はやがて瀬戸内海を離れ、深夜の豊後水道を南
下して宮崎港を目指します。

| 取材現場 | 12:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tanofuna.blog33.fc2.com/tb.php/243-7bf1852b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。