PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

瀬戸内アートな船旅 直島編

近年、アートが溢れる島として知られるようになった島、香川県の直島。
直島への玄関口となるのが高松港と宇野港で、今回は直島行フェリーを運航する四国汽船の「なおしま」の船旅を楽しんで参りました。

naosima1.jpg

画像のように「なおしま」最上階の解放感あるオープンデッキにはベンチが設けられ、日差しと海風を体に浴びて、瀬戸内の美しい風景を楽しむことが出来ます。

naosima2.jpg

船内は宇高航路就航船のような売店こそ無いものの、ゆったりした座席配置となっています。画像の海側の席からは大きな窓越しに島の風景を眺めることが可能なつくりとなっています。

naosima3.jpg

直島では島の東側に位置する宮浦港に到着します。この便はちょうど宮浦港を出航した僚船の「あさひ」が港外に出るのを待っての入港となりました。「あさひ」に続いて、宇高国道フェリー「こくどう丸」がやって来ました。

naosima4.jpg

宇野港から20分の船旅で、直島に着きました。港ではさっそく草間彌生作品のかぼちゃがお出迎えをしてくれました。

この日は、この後島内のアート観賞を一日楽しんできました。

By今和泉

| 乗船記 | 11:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tanofuna.blog33.fc2.com/tb.php/201-cf8d62db

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。