PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

三原・尾道、しまなみの島々へ③

昨年末からお届けしてきた三原港から訪ねるしまなみの港。最後に目指すのは生口島
の瀬戸田港。
乗船する三原~沢~瀬戸田の航路は三原観光汽船とほうらい汽船の共同運航になって
おり、この日はほうらい汽船の「ニューほうらい2」に乗船です。残念ながら船外に
は出られませんでしたが、およそ25分で瀬戸田港に到着。

mihara08.jpg

瀬戸田港には画像の高根大橋をくぐっての到着となります。橋は瀬戸田水道と呼ばれ
る狭い海峡をまたいでおり、生口島と対岸の高根島を結んでいます。

mihara09.jpg

瀬戸田は画家平山郁夫の出身地としても有名で、港から歩いて行ける距離には平山郁
夫美術館もあります。氏は瀬戸田港でもスケッチを続けていたようで、港にはそのレ
リーフも飾られていました。

mihara10.jpg

瀬戸田水道は昔から事故の多い海域であったらしく、その入り口には安全を祈願する
お地蔵さんが建立されています。海上に立つお地蔵さんには、引き潮の時をねらって
供えられるでしょうのか、花がきちんと添えられていました。

mihara11.jpg

2010年になりました。今年も「にっぽん全国たのしい船旅」は本誌(今年6月下旬発売予定)とともにブログでも日本津々浦々を船でかけめぐっていきたいと思います。

By南海

| 乗船記 | 11:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tanofuna.blog33.fc2.com/tb.php/179-f94bc632

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。