PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

巨大あひると大阪水上観光船

大阪の水辺に巨大あひるが現れたとのことで、お披露目最終日の25日に天満橋の八軒屋浜を訪ねました。
巨大あひる(ラバーダック)は8月下旬から行われた水都大阪のイベントに現れ大好評だった為、中之島界隈のライトアップ・イルミネーション、OSAKA光のルネサンスにあわせて再びの登場となりました。
まずは様々なクルーズを催行している一本松海運の「きらり」がやって来ました。あひると同じ黄色い船体がポイントです。

ahiru01.jpg

このあひるはオランダ人アーティスト、F・ホフマン氏の作品で、政治的意味合いで分割される国境など、この世に存在しないことアピールする為に生れました。あひるが放つ世界の緊張を和らげる癒しは、これまでにオランダ、フランス、ブラジルといった国々でも全ての世代に優しく、親しみやすく受け入れられてきました。

ahiru02.jpg

大阪水上バス、アクアライナー「なにわ3号」がその愛らしい背後を通過していきます。

ahiru03.jpg

続いてきたのは外輪船をイメージしたデザインが特徴の、同じ大阪水上バス所属のグルメ・ミュージック船「ひまわり」。ちなみに水都の基礎を作った技師もJ.デ.レーケというオランダ人で、明治政府に招かれ、1874年から国内初の近代的河川工事となる淀川の河川改修に着手。以後大阪港築港や木曽川改修といった功績を残し、「砂防の父」として讃えられているそうです。

ahiru04.jpg

最後にやって来たのは日本水陸観光、ダックツアーの水陸両用車バス。この「LEGEND零ONE号」は日本初の国産水陸両用バスで、画像では船にしか見えませんが、船艇下部にはちゃんと車輪があるのです。このツアーは今回アヒルちゃんがやって来た、天満橋駅に隣接してオープンした”川の駅 はちけんや”からの発着です。

今回はライトアップも行われ、大阪の水辺で癒しを与えてくれたあひるちゃん、また来てね~

| 雑感 | 00:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tanofuna.blog33.fc2.com/tb.php/177-c36f7bc4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。