PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

阪九フェリー臨時便「ニューあかし」乗船記(その4)

h9_a6.jpg

イベントはまだまだ続きます。
燧灘に入って30分ほどすると、前方にベージュの大型フェリーが見えてきました。この日午前に神戸を出帆した下りの臨時便「ニューながと」です。

瀬戸内海航路のフェリーはほとんどが夜便のため、このような僚船同士のすれ違いはいつも深夜です。今回の臨時便は、東航船と西航船の距離が離れてしまう来島海峡と備讃瀬戸北・南航路のちょうど中間、燧灘で間近にすれ違えるように、さらに上り便は瀬戸大橋、下り便はしまなみ海道付近で夕暮れを迎えるように、という心憎い演出が「午前10時出帆」というスケジュールに隠されています。

h9_a7.jpg

瀬戸内らしい穏やかな中での大型フェリーのすれ違いには、太平洋フェリーのような外洋フェリー同士のすれ違いに見られる豪快さはありません。けれどもそこには「船旅の感動の原点」を感じさせる何かがある。デッキに集まった人たちが互いに手を振りあい写真を撮りあう。船旅ならでは、いや、船旅でしか体験できない貴重な風景です。

h9_a8.jpg

夕暮れ間近の瀬戸内海、僚船を見送ると備讃瀬戸が近づいてきます。落ち着く間もない、それが逆に楽しい素晴らしい航海はまだまだ続きます。

ちぃむ瀬木寄瀬

| 乗船記 | 18:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tanofuna.blog33.fc2.com/tb.php/158-f6c10275

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。