PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

共同フェリー「新さつま」乗船記 その2

この日は、大隅海峡付近で大量の流木が発見されたことから、種子・屋久航路に就航するジェットフォイル、トッピー・ロケットは全便欠航となっていました。
船は波穏やかな錦江湾を南下、大隅海峡に入りますが、船上からは結局流木を見つけることは出来ませんでした。本船はフィンスタビライザーも装備しているので、揺れも少ないように感じます。この日は天気が良く、広大なデッキに出て、貴重なRORO船の船旅を楽しみます。

kyoudouferry03.jpg

種子島、西之表港への到着は14時過ぎ。高速船浮き桟橋では2隻のジェットフォイルが船体を休めていました。また本誌でも取材乗船した「屋久島丸」の姿が大型客船岸壁に接岸しています。これは種子島航路の「はいびすかす」がドック入りしており、変則ダイヤとなっている為です。

kyoudouferry04.jpg

種子島上陸後、宇宙センターが一望できる公園から無事打ち上げを見学することが出来ました。今回は夜中の打ち上げとなり、その光と轟音は凄いものでした。そして国際宇宙ステーションに物資を運ぶ、HTVを搭載したH-ⅡB試験機は無事、打ち上げに成功しました。

h2b08.jpg

By南海

| 乗船記 | 12:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tanofuna.blog33.fc2.com/tb.php/150-7659b291

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。