PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

静岡~東京 船三昧の旅(その1)

どうも。「ちぃむ瀬木寄瀬」です。本誌締切が迫る中、原稿をまとめているうちにどうしても潮気が欲しくなってしまいまして(笑)、不思議な旅に出てしまいました。

出発地は静岡県静岡市。そんなところから船旅ができるのかと思った人も多いでしょう。でもちゃんとできるんです。静岡市には日本有数の貿易港、清水港がありますが、この清水港は、フェリーあり、水上バスあり、遊覧船も運航される、船好きには魅力的な港です。今回は、清水と西伊豆の土肥を結ぶ「エスパルスドリームフェリー」から旅が始まりました。

fuji01_20090517203836.jpg

この春に長年活躍してきた「駿河」が引退し、現在は「富士」1隻体制のエスパルスドリームフェリー。清水から土肥まで65分。航路は高速道路と並行と思われがちですが、伊豆半島でも西伊豆エリアは道路状況がまだまだ悪い。エスパルスドリームフェリーは中部地方から西伊豆への最短経路なのです。

fuji02_20090517203908.jpg

2005年就航の「富士」は、テーブル席を多く配置したくつろぎやすいキャビンがセールスポイントのひとつです。また、500円の追加料金で利用できるワンランク上のキャビン「オーシャンルーム」は前方の景色が存分にゆったりしたキャビンに専用のオープンデッキ。この500円、決して高くはありません。

fuji03_20090517203938.jpg

後部デッキの屋台も「富士」の魅力のひとつです。目移りしてしまいそうなメニューの中、ちぃむ瀬木寄瀬メンバー全員一致のお薦めの一品は「いちばんシンプルなたこ焼き」です。

fuji04_20090517203959.jpg

オーシャンルームでたこ焼きつつきながらのんびり1時間ほどの船旅。この日はあいにくの曇り空でしたが、天候に恵まれれば富士山が美しい絶景航路でもあります。

byちぃむ瀬木寄瀬

| 乗船記 | 19:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tanofuna.blog33.fc2.com/tb.php/116-fafe850a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。