2014年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年05月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

お疲れ様、そして有難う「おおさど丸」! その1

佐渡汽船新造船「ときわ丸」の就航と時を同じくして、新潟と佐渡を結ぶ航路から引退したフェリー「おおさど丸」は
4月8日両津港05:30発の便にて定期就航を終了しました。
鉄道や航空機の時のように新潟港や最終便にファンが詰めかけるというようなこともなく、ひっそりと惜しまれながらその大役を終えた本船。地元の皆さんに親しまれ、長く愛された本船の最期の活躍の様子をお届けします。



oosadolast01.jpg

今年は年明け早々低気圧の影響で大荒れ、5メートルの波の中新潟西港を出港する姿です。

oosadolast02.jpg

昨年11月から船内スナックでは「ありがとう!おおさど丸月イチ企画」として毎月一品かつてスナックのメニューの中から惜しまれながらも姿を消した商品が限定で復活しました。

oosadolast03.jpg

引退まで間近となった2月の満月の日に両津港に入港するおおさど丸です。

oosadolast04.jpg

4月5日新潟での「ときわ丸」一般公開時にちょうどおおさど丸の入港時間と重なり、それにあわせてトップデッキを解放してくれ大勢の見学者が第一バースに接岸するおおさど丸を撮影していました。

oosadolast05.jpg

4月8日「ときわ丸」にバトンを渡し役目を終えた「おおさど丸」は4月10日16時15分大勢の社員や休暇中の乗組員、縁のあるOBの方々に見送られ新潟を出港、生まれ故郷の広島県呉市の神田造船に向け出港しました。かつて船長を勤めたOBの方は「この良い船をもう売ってしまうのか…」と名残惜しげに見つめて要りいる姿が印象的でした。出港後は佐渡島に沿うように南下していき島に別れを告げました。

oosadolast06.jpg

4月12日早朝関門海峡を通った「おおさど丸」は瀬戸内海に入り10時過ぎに女猫瀬戸を通過、安芸灘大橋を潜り抜け11時頃、神田造船、川尻工場沖に到着、静かに錨を降ろしおおさど丸としての最後の航海を終えました。 13時から上架作業が始まり二隻のタグボートにアシストされ修繕用の浮ドックに入りました。定期検査を終えると中国の造船所に回航され改造の後ヨーロッパ方面で第二の人生を歩むようです。

ちなみに26年間での新潟~両津間の航海距離は2344630キロ、地球58周分になるそうです。

【撮影 渡邊詔】
スポンサーサイト

| 雑感 | 12:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2014年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年05月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。