2014年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年05月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

お疲れ様、そして有難う「おおさど丸」! その2

今回は佐渡島、両津港・湾内で撮影した四季の「おおさど丸」の姿を紹介します。

oosado001.png

。満開の桜咲くみかえり峠(佐渡市両津大川地内)沖を行く「おおさど丸」。両津湾内には桜と絡めて撮影できる場所も複数あり、花見がてら撮影したのを思い出します。(撮影:2010年4月25日)

oosado002.jpg

。入道雲と姫崎灯台をバックに両津港へ入港する「おおさど丸」。両津港南埠頭付近からの撮影ですが、近辺は数か所
アングルが有りますので、お好みで季節を問わず入港を狙ったものです。15:00台の入港がベストタイミングでした。
(撮影:2011年7月10日)

oosado003.jpg

。両津湾沿いの丘では稲刈りが行われていた。そんな風景とからめた一枚を佐渡市真木付近より。(撮影:2012年9月17日)

oosado004.jpg

。冬晴れの両津港に入港する「おおさど丸」。上空には飛行機雲が描かれ、印象的な一枚となった。夏の撮影と同じ両津港南埠頭付近より撮影。(撮影:2011年2月22日)

oosado005.jpg

最後に終焉迫る最後の冬に撮影した一枚を。冬の夕暮れ時、スポットライトの様に船体に日差しが当たった瞬間を捉えた一枚。「おおさど丸」を長年見続け、撮影し続けましたが、その中でも印象的に残る一枚になったと思っております。
同じく両津港南埠頭付近から撮影。(2014年1月7日)

【撮影 佐藤雅人】


スポンサーサイト

| 雑感 | 07:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お疲れ様、そして有難う「おおさど丸」! その1

佐渡汽船新造船「ときわ丸」の就航と時を同じくして、新潟と佐渡を結ぶ航路から引退したフェリー「おおさど丸」は
4月8日両津港05:30発の便にて定期就航を終了しました。
鉄道や航空機の時のように新潟港や最終便にファンが詰めかけるというようなこともなく、ひっそりと惜しまれながらその大役を終えた本船。地元の皆さんに親しまれ、長く愛された本船の最期の活躍の様子をお届けします。



oosadolast01.jpg

今年は年明け早々低気圧の影響で大荒れ、5メートルの波の中新潟西港を出港する姿です。

oosadolast02.jpg

昨年11月から船内スナックでは「ありがとう!おおさど丸月イチ企画」として毎月一品かつてスナックのメニューの中から惜しまれながらも姿を消した商品が限定で復活しました。

oosadolast03.jpg

引退まで間近となった2月の満月の日に両津港に入港するおおさど丸です。

oosadolast04.jpg

4月5日新潟での「ときわ丸」一般公開時にちょうどおおさど丸の入港時間と重なり、それにあわせてトップデッキを解放してくれ大勢の見学者が第一バースに接岸するおおさど丸を撮影していました。

oosadolast05.jpg

4月8日「ときわ丸」にバトンを渡し役目を終えた「おおさど丸」は4月10日16時15分大勢の社員や休暇中の乗組員、縁のあるOBの方々に見送られ新潟を出港、生まれ故郷の広島県呉市の神田造船に向け出港しました。かつて船長を勤めたOBの方は「この良い船をもう売ってしまうのか…」と名残惜しげに見つめて要りいる姿が印象的でした。出港後は佐渡島に沿うように南下していき島に別れを告げました。

oosadolast06.jpg

4月12日早朝関門海峡を通った「おおさど丸」は瀬戸内海に入り10時過ぎに女猫瀬戸を通過、安芸灘大橋を潜り抜け11時頃、神田造船、川尻工場沖に到着、静かに錨を降ろしおおさど丸としての最後の航海を終えました。 13時から上架作業が始まり二隻のタグボートにアシストされ修繕用の浮ドックに入りました。定期検査を終えると中国の造船所に回航され改造の後ヨーロッパ方面で第二の人生を歩むようです。

ちなみに26年間での新潟~両津間の航海距離は2344630キロ、地球58周分になるそうです。

【撮影 渡邊詔】

| 雑感 | 12:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「ときわ丸」一般公開@両津港

先日より4/8の就航に向けて訓練運航を行っている、佐渡汽船の新造船「ときわ丸」ですが、4月3日の午後、一般向けの公開が両津港で行われたので参加してきました。

140403ryoutu01.jpg

参加者には今回「ときわ丸」グッズのプレゼントもありました。

140403ryoutu02.jpg

3Fから船内に入り、4Fに上がってメインエントランス全景です。エントランスには朱鷺のレリーフ。

140403ryoutu03.jpg

上等級ロビーには佐渡汽船の歴代船の写真が。ファンには嬉しい、歴史を学べるスポット。

140403ryoutu04.jpg

ブリッジ内、普段は入れないスペースだけに盛況でした。 計器類も液晶モニターを多用して見やすい印象。

140403ryoutu05.jpg

船外より。本船には船首にもオープンデッキが設けられ、前方の景色を楽しむことが出来ます。

見学会は終始多くの来場があって盛況でした。定期運航に入る日が楽しみです。

【投稿 佐藤雅人】

| ニュース | 10:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「ときわ丸」佐渡両津港入港 その2

140327tokowa06.jpg

その後関係各所、協議の上、視程も若干良くなったので17:00に改めて行うことに決定。 そして霧の中、入港してきました。

140327tokowa07.jpg

こちらでも可動橋付近でのチェックが行われたのち、17:50新潟に向けて出港。 この時間となると霧も収まりつつあり、空の色も良い雰囲気に… また船体の白の部分が、夕暮れの光線を受けて朱鷺色に近い感じとなってくれて印象的でした。

140327tokowa08.jpg

夕方も見物人が多くいたので、注目されているんだなぁ…と改めて実感。就航が楽しみですが、おおさど丸との別れも近づいているので島民としては微妙な気分です。

140327tokowa09.jpg

という事で今後も、ときわ丸就航に向けての航路模様を記録して参ります!


140328tokowa01.jpg

追記:翌28日、何とか「おおさど丸」と「ときわ丸」のすれ違いを一枚のフレームに収められましたので、ご紹介します。

【投稿 佐藤雅人】



| ニュース | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「ときわ丸」佐渡両津港入港 その1

去る3月26日に新潟へ到着した佐渡汽船の新造船「ときわ丸」ですが、早くも翌27日には訓練運航を開始し、早速両津港へお目見えしました。と言う事で初入港日の両津港の様子をリポートいたします。

140327tokowa01.jpg

13:20頃の入港予定という事でしたが、やはり引退迫る「おおさど丸」も…という事で早めに現地入り。11:55入港便を乗り場の展望室より撮影。四半世紀に渡り両津港に出入りしていた本船も、あと少しで見納めです。

続いては港から少し離れた海岸へ…

140327tokowa02.jpg

「ときわ丸」自体は50分近く前には姫崎灯台を通過し、両津湾に入っていましたが、12:40発の「おおさど丸」の出港を待って入港という事で、湾内で待機。基準航路を大きく離れ、両津湾のど真ん中にいた為、両船の並びは遠すぎて微妙…
記録写真としてはいいでしょうか?

140327tokowa03.jpg

目の前を通り過ぎ13:20頃、両津港に初入港。おめでとう!ようこそホームポートへ。
どこで情報仕入れたか知りませんが、平日昼間の割に見学人は多数居ました。皆さん思い思いにデジカメ、スマホなど片手に撮影されておりました。また仕事の合間に見に来られた方もいた様で、新造船に対する島民の注目も高いようです。

140327tokowa04.jpg

一方可動橋付近では、可動橋と本船のランプドアとの具合などをチェック。構内車を使い乗下船テストも行われていました。

140327tokowa05.jpg

その後14:20頃、南岸壁から北岸壁へバースシフトのため一旦出港。その後を「ぎんが」が追っかけ出港します!


この時までは良い天気でしたが、その後は急に霧が立ち込めて防波堤すら見えないほど視程が悪化。15:05着のおけさ丸は定時で来ましたが、ジェットフォイルに至っては途中から着水して航行で遅れ発生…
この様な状況となったため、結果的に15:30予定の北岸壁接岸トライアルは中止に。一旦私も離れ待機となりました。

【投稿 佐藤雅人】

| ニュース | 18:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2014年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年05月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。