2014年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年04月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「ときわ丸」新潟港到着

呉の神田造船で引き渡しが行われた「ときわ丸」は瀬戸内海を西へ向かい関門海峡を通過、日本海を北上し、3月26日午前に新潟港到着となりました。

tokiwa01.jpg
 
新潟沖に姿を現した「ときわ丸」は信濃川を進み、万代島の佐渡汽船フェリーターミナルへ向かいます。

tokiwa02.jpg

岸壁では佐渡汽船スタッフが横断幕を持って入港をお出迎え。1995年以来の新造フェリーの到着に、スタッフの皆さんも期待に胸が膨らんでいるご様子。

tokiwa03.jpg

無事佐渡汽船フェリー岸壁に接岸した「ときわ丸」を上空から撮影すべく、朱鷺メッセ展望台に登ってみました。今回「ときわ丸」と交替でリタイアする「おおさど丸」(画像奥、5.373総トン)と比較して、トン数はそう変わらない2隻ですが、船首寄りハウス部分の造りからか大きく見えますね。

tokiwa05.jpg

夜がふけて、停泊中の「ときわ丸」と入港する「おおさど丸」の並びを。新旧船の並びは今しか撮れませんので、撮影にも熱が入ります。


tokiwa04.jpg

蒼い船体に流麗なファンネル、そしてブリッジ上の赤く塗られれた屋根がアクセントの「ときわ丸」。4月8日の就航を目指して、現在慣熟航海が続けられています。

【撮影 渡邊詔】


*「ときわ丸」一般公開が新潟、両津両港で行われます。詳細はコチラをご覧下さい。
スポンサーサイト

| ニュース | 21:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

佐渡汽船新造船「ときわ丸」

佐渡汽船の新造船「ときわ丸」が新潟港に到着、就航に向けて試験航行を繰り返しています。

当ブログでは特集としまして、この「ときわ丸」到着、佐渡両津港初入港に試験航海とその様子を。そして交替でリタイアする「おおさど丸」最後の活躍の姿を現地からのレポートでお届けします。

10102467_2060034477_40large.jpg

雪化粧の大佐渡山地をバックに両津港を目指す「ときわ丸」、濃いブルーを配した新しいカラーリングが新鮮で北欧の船のような印象を受ける。2014年3月27日
【撮影 佐藤雅人】

| ニュース | 20:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

クイーン・エリザベス来航 神戸編

横浜ではベイブリッジ通航が話題を集めた客船Queen Elizabethが、3月19日朝、神戸港に入港しました。

キュナードの客船の来航はいつも話題を集めますが、今回のQueen Elizabethもこれまで来航したキュナード客船同様、早朝から多くの観衆が集まりました。

qe_01.jpg

Queen Elizabethが着岸した新港ふ頭第4突堤Q1/Q2バースは、ポートターミナル、神戸大橋、さらにポートアイランド側の北公園からなど、客船入港を間近に眺めることができるポイントが数多くあります。写真はいずれも、北公園から撮影した入港時のカットです。

qe_02.jpg

近年の大型客船の傾向のひとつでもあるバルコニーずらりの高層マンションスタイルは本船も同じです。しかし、白ベースの船体塗装ではなくキュナードの伝統的なカラーを継承したことや凹凸を生かした側面デザインなどからは、現代の大型客船とは一線を画する「キュナードの威厳」が伝わってきます。

qe_03.jpg

全長300メートル弱、総トン数9万トンを越える大型客船ですが、ポッド型推進装置のバウスラスタを巧みに使い、アテンドに入った2隻のタグボートとの間にタグラインを取ることもない着岸シーンは圧巻のひとことでした。

Y.Tokumitsu

| ニュース | 21:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

クイーン・エリザベス横浜初寄港

キュナード・ラインが運航する世界で最も有名な豪華客船「クイーン・エリザベス(9万9000トン)」が、3月16日深夜に横浜港に初寄港しました。

しかも大さん橋国際客船ターミナルへの接岸です。クイーン・エリザベスは海面からの高さが56.6メートル、横浜ベイブリッジの橋下までの高さは55メートルで通過することが出来ません。そこで横浜市港湾局は潮位が下がる干潮時の寄港を提案したというものです。

3月16日は大潮で干満の差が大きく、干潮となる23時18分頃には満潮時と比べて約2メートル潮位が下がるので、その時間にベイブリッジを通過して入港、翌17日も干潮の23時48分頃に出港することで大さん橋への接岸が可能になりました。

TF_IMG_1109km.jpg
横浜ベイブリッジの下を通過するクイーン・エリザベス

深夜の入港となるので、通常行われている歓迎演奏は行われませんでしたが、21時から来場者に1000本のサイリウム(ケミカルライト)が配布され、ライトウエーブでクイーン・エリザベスの初入港を歓迎するイベントが行われました。

TF_DSC04305km.jpg
サイリウムを振り、ライトウエーブで初入港を歓迎

予定通り23時18分頃にベイブリッジの下を通過、翌日スムーズに出港出来るようにと出船で23時30分に横浜港大さん橋C号岸壁に着岸しました。
大さん橋の屋上デッキ「くじらのせなか」には1000人を超える人がサイリウムを振り、ライトウエーブで初入港を歓迎しました。

TF_DSC04381km.jpg
横浜港大さん橋C号岸壁に着岸するクイーン・エリザベス

今日3月17日は14時~22時まで、横浜市在住のアーティスト「DRAGON76」が「みなとみらいの街並みとクイーン・エリザベス」をモチーフに大きなキャンバスへダイナミックに描く「ライブペインティング」イベントや18時から出港までは「キャンドルメッセージ」として、大さん橋から深夜の出港を、温かなキャンドルの明かりで見送るイベントが行われます。

TF_IMG_1168km.jpg
まるでビルのようにそびえ立つ容姿は圧巻です。

クイーンエリザベスは今日17日23時に大さん橋を離岸予定。横浜港を出港した後は、19日に神戸港(神戸ポートターミナル 新港第4突堤Q1/Q2バース)に8時入港、23時59分出港、21日に長崎港(松が枝岸壁)に午前8時入港、18時出港の予定となっています。出発地イギリスのサウザンプトンに戻るのは5月9日が予定されています。

by くまたか

| ニュース | 15:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2014年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年04月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。