2013年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年11月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

長距離フェリー各社 新造船建造へ

東京と関西から北九州を結ぶフェリー3社が、現在運航中する12隻のフェリーうち8隻を2015年以降に大型の新造船に更新するというニュースが入りました。
長引く景気の低迷や高速道路無料化で低調となっていた輸送需要が回復してきていることが背景にあり、就航から十数年を経て老朽化した現有船を切り替え計画で、総投資額は450億円超となるようです。

hankyu0048.jpg

そのうちの1社、阪九フェリーですが、こちらは神戸航路に現在就航する1995年就航の「フェリーせっつ」、1996年竣工の「フェリーすおう」の2隻が対象となります。発注先は三菱重工(下関造船所)で、マルエーフェリー「フェリー波之上」で実用化されたMALS(三菱空気循環システム)に加えて、デュアルハイブリッド船舶推進システムと呼ばれる新たな省エネ技術を初めて導入し、約20%燃費を改善することを目指しているとのこと。
同社の米田真一郎社長は「積載能力が増え、客室個室化や露天風呂など新しいサービスも考えている」とのことで、利用者としてサービス面での更なる快適性向上が見込まれます。


meimont0004.jpg

続いて名門大洋フェリーでは現在1便に就航する「フェリーきたきゅうしゅう」「フェリーおおさか」(ともに1992年就航)の2隻がリプレイスの対象となるようです。こちらの新造船概要(発注先)は未だ不明ですが、トラック積載台数が約2割の増加とのことで、現有船よりも大型化が予想されます。

そしてオーシャントランス(オーシャン東九フェリー)は4隻すべてをリプレイスするとのことで、トラック積載台数は1.5倍となるという情報のみで、新造船概要はこちらもまだ不明です。

関東・関西~北九州航路では2年後からフェリーの代替がいっきに進み、新造船就航が相次ぐことになりそうで、ファンとしてはとても楽しみな今回の報道です。

3社の新造船情報は次号の本誌、また当ブログでも続報をお知らせしたいと思います。
 
以上毎日JP記事より
スポンサーサイト

| ニュース | 19:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

宮崎カーフェリー発着港変更へ

このたび宮崎カーフェリーは関西の発着港を変更すると発表しました。
大阪南港(かもめフェリーターミナル)から神戸港に変更するとのこと。変更時期は神戸港側の岸壁整備などが完了する2014年秋ごろを予定しています。移転先は神戸市が再開発中の新港第3突堤の東側岸壁になるようです。

 miyazakiferry01.jpg

今回の変更理由を同社では大阪南港と比較して港湾使用料が約半分となること、宮崎港からの距離が約9キロ短くなり燃料費が削減が可能となり、これらで年間約1億4000万円のコスト削減となるそうです。
高速道路、また鉄道駅に近くなり利用者のアクセス改善にもつながるとしています。

以上毎日JP記事より

| ニュース | 18:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

隠岐汽船「レインボー2」 取材こぼれ話 その2

続いて船内を見ていきましょう。

rainbow05.jpg

航海士さんに迎えられて船内へ入ります。船内は2階建てで、全席自由席。2階席には2か所設けられた階段から登っていきます。

rainbow07.jpg

こちらはファンおススメの1階最前方席。前方視界がばっちり眺められますので、乗船時は早目に並ぶと良いでしょう。船内売店は設置されていませんので食事は港で購入しましょう。船内自動販売機ではソフトドリンク、ビールも売られていました。

rainbow08.jpg

高速船ならではの安全のしおりがシートバックポケットに置かれています。ジェットフォイル同様に、航海中はシートベルト着用が義務付けられています。

rainbow10.jpg

シートベルト着用に関して、当航路でも航行中に高速船が海洋生物と衝突する事故が発生しています。
まずは船内で見つけた”航路付近鯨類等目撃情報”の案内です。鯨類等の目撃情報と目撃回数(月毎)が年毎に書かれていました。

rainbow09.jpg

これは基準航路図ではなく、鯨類等衝突予防迂回コース航路図になります。航路図中央付近の円内が鯨類目撃多発海域で、この付近で本船は迂回・減速を行うようです。

日本海を高速で航海する本船、船員さん達はブリッジで海洋生物と漂流物の発見・回避に努めています。次回はそのブリッジの様子を紹介。

by南海

| 取材現場 | 10:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2013年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年11月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。