2013年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年09月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

阪九フェリー「やまと」 備讃瀬戸大橋通過

今号発売の数か月前、企画段階にて国内長距離フェリー各社の乗船レポートを掲載することが決まりました。
筆者は西日本から1社ということで、阪九フェリーの泉大津~新門司航路を担当することに。

編集さんと取材内容を検討・確認する中で・・
「南海さん、今回は1枚大き目で使いたいので三脚持っていって瀬戸大橋通過流して(長時間露光して)来て下さいよ」とのこと。「そんな船上で三脚使って、長時間シャッターなんて」と思いながら、手持ちの軽量三脚を持って取材に向かいました(笑)。
これまで取材の際に三脚持参したことなどなかったのですが、普段は趣味の鉄道写真撮影で三脚に2台のカメラを固定して、レリーズでシャッターを切っています。今回それを船上で・・

そして備讃瀬戸東航路を進む照明の消されたブリッジでの取材を終え、オープンデッキへ。持参の三脚に(カメラ2台固定用)のブラケットに焦点距離の異なるレンズを付けたカメラをセットして、通過の瞬間を待ちますが、果たしてブレずに撮れるのかどうか?

hankyumidnight01.jpg

結果、8秒というシャッター解放時間に関わらずご覧の成果。揺れが少ない瀬戸内海とはいいながら、この日の海況に救われました。

hankyumidnight02.jpg

こちらは同瞬間にもう1台のカメラで24-70㎜のレンズで撮影した分になります。

♦2013年6月撮影 NIKON D4 AF14-24mm F2.8G(18mm)、F6.3、8秒、ISO 500 (画像上段)



スポンサーサイト

| 今日の一枚 | 10:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2013年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年09月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。