2013年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年08月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

最後の力走! 隠岐汽船「レインボー2」

rainbow001.jpg

今年で役目を終える隠岐汽船の高速船「レインボー2」。本船をこれまで撮影したことがない中、カッコ良い翼走シーンをどうしても撮影したくて、調べた結果、隠岐の西郷港で撮影することにした。
取材で隠岐汽船本社の方に伺ったところ「ここは翼走で入港してきますよ」とのことで、期待出来そう。
岸壁で入港を待ち、果たしてやってきた「レインボー2」は想像以上の迫力ある走りを披露してくれた!

2013年5月撮影 NIKON D4 VR 80-400mm F4.5-5.6(100mmで撮影)
スポンサーサイト

| 今日の一枚 | 11:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

東海汽船 東京湾納涼船2013

船好きには欠かせない夏のイベント「東京湾納涼船」の季節がやってきました。
今年も「たの船勝手に納涼船部長」の徳光氏にお誘いをいただき、私くまたかも乗船してきました。

今年は7月1日から9月23日まで毎日運航され、東海汽船の大型貨客船「さるびあ丸」で、竹芝客船ターミナルを19時15分に出航、羽田沖まで1時間45分のクルージングを楽しむ事ができます。料金は乗船料と飲み放題込みで2500円です。平日は浴衣を着ていくと乗船料金が1000円引きになる「ゆかた割」もあります。

noryosen001.jpg

クルージング中の船内にはたくさんの屋台がオープンし、デッキ後部の特設ステージでは恒例の「ゆかたダンサーズ」のパフォーマンスをはじめ、連日多彩なイベントが開催されます。

私が乗船した日には「島焼酎の試飲会 in 東京湾納涼船」が開催されており、日替わりで伊豆諸島各島のPRと島焼酎の試飲会が開催されていました。

noryosen002.jpg

ゆかたダンサーズのステージは2部構成になっており、前半はしっとりセクシーな雰囲気なショータイム、後半は80年代から最近のヒット曲まで、ダンスチューンをバックに乗客も一緒に踊ることができるダンスタイムに分かれています。
船が羽田沖から折り返す頃、デッキ後部の特設ステージでは「ゆかたダンサーズ」による後半のステージが開催されていました。

noryosen003.jpg

というわけで、今年も盛り上がっている納涼船の話題をお伝えしました。
オフィシャル情報は東海汽船・東京湾納涼船ウェブサイトで。

by くまたか

| 乗船記 | 12:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

東北取材で頂いた宝物

皆様、たの船最新号を楽しんで頂いていますでしょうか?
当ブログでは誌面で紹介出来なかったエピソードや画像などを、これからどんどん紹介していきますのでお楽しみに。
今回は小生から、がんばる宮城の旅客船コーナーで訪ねた大島汽船での出来事から。

ohshima002.jpg

津波で所有船全てに被害を受けた大島汽船。各地船主の絆の力も借りて、新造船「ドリーム大島」も就航、航路復活までの道のりは、今回是非誌面で紹介したいところでした。

新造船「ドリーム大島」で気仙沼から気仙沼大島の浦の浜へ。津波の被害が生々しい岸壁を歩き、大島汽船の本社(仮設)へインタビューをお願いすべく向いました。
津波で大島汽船本社も被災したことから、現在本社機能は浦の浜の待合所のプレハブの中一角にあり、室内には津波で打ち上げらた同社船や大島の助け舟となった「ドリームのうみ」の写真パネルも飾られていました。
今回対応してくださったのは同社の村上みね子取締役で、津波の日のことから、航路復活までの貴重なお話をたくさん伺いました。

ohshima001.jpg

取材を終え、桟橋へ向かう筆者を呼び追いかけてくる方が・・村上さんでした。そして頂いたのが画像の写真2枚。右の写真は新造船「ドリーム大島」の竣工記念のもの。そして画像左が気仙沼で係船中に津波で被災、その役目を終えた「フェリー大島」竣工時のものです。「被災した本社の後片付けをしていたら、出てきたので洗ったものですが、要りますか?」とのことで、勿論頂いて参りました。
震災から2年、筆者は現在今回の被災地と遠く離れたところに住んでいます。あの日の津波の水をかぶったことから、汚れも見える1枚の写真。今回の取材で見てきたもの、そして震災のことを忘れない為にも、宝物としたい1枚の写真です。

by南海

| 取材現場 | 11:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

本誌が発売になりました!

「にっぽん全国たのしい船旅2013-2014」が本日発売になりました。

H1.jpg

今年の夏の船旅のおともにぜひお買い求めください。

本ブログでは、取材の裏話こぼれ話など誌面から惜しくも漏れてしまったお話をフォローアップ、画像も誌面に載りきらなかった蔵入り写真を掲載していきます♪

| お知らせ | 22:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2013-2014版発売へ向けて(表紙が出来ました)

7月18日の発売へ向けて、フルアヘッドで編集作業が進んでいます。

今年号の特集は「長距離フェリー入門」です。日本の主要航路をささえる長距離フェリーの魅力をご紹介します。夏休みを前に、北海道へ九州への船旅に、どの船社どの船に乗るべきかのプラン立てにもご活用ください。

ほかにも、全国各地の新造船もど-んと紹介します。また今年創立100周年を迎える佐渡汽船など盛りだくさんです。

2013-2014版はイカロスオンライン書店amazonにて予約も受付中です。

| お知らせ | 18:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

橘丸進水式ツアー

0000392_4.jpg

にっぽん全国たのしい船旅今年号も編集作業が追い込みに入っています。発売を楽しみにお待ち下さいね。
さて今日はこちらのご案内。

東海汽船新造船「スーパーエコシップ橘丸」の進水式がこの11月6日に決まり、見学ツアーの開催が決定しました。場所は下関の三菱重工下関造船所、東京発のツアーは往路大阪南港から名門大洋フェリーに乗船し、九州を目指すという本誌読者の皆さんにも嬉しい行程です。

進水式、ファンなら一度はそのシーンに立ち会ってみたいもの。また日頃は立ち入り出来ない造船所の様子が見られるのも、当ツアーならでは。

ツアーの詳細は東海汽船のホームページをご覧下さい。

| ニュース | 11:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2013年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年08月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。