2013年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年06月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

苫小牧港 フェリー競演

「にっぽん全国たのしい船旅」の乗船取材もいよいよ大詰め。スタッフ、カメラマン、ライター一同、北に南に東に西に奔走しています。

私が訪れたのは北の大地、北海道は苫小牧です。短い滞在日程の中、時間をみつけて苫小牧西港周辺を散策している時に出逢ったこんなシーンを。

tomako.jpg

今年、開港50年を迎えた苫小牧港。市街地に近い西港(入船ふ頭)のフェリーターミナルは太平洋フェリー、商船三井フェリー、シルバーフェリーの北の拠点港です。お昼前に仙台から太平洋フェリーが到着、午後には商船三井フェリーが大洗から、シルバーフェリーが八戸から相次いで到着し、午後3時過ぎには3社のフェリーがターミナル前の岸壁に勢揃いします。

この日は太平洋フェリーが「いしかり」、商船三井フェリーが「さんふらわあふらの」、シルバーフェリーが「シルバープリンセス」という陣容。最年長の「さんふらわあふらの」が1993年就航、そして最も若い「シルバープリンセス」が2012年就航。三菱重工業下関造船所生まれのベテランと新鋭のそろい踏みです。

Y.Tokumitsu
スポンサーサイト

| 取材現場 | 11:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

隠岐汽船「レインボー2」取材 その1

今年で運航を終える隠岐汽船の高速船「レインボー2」の取材で隠岐へ行ってきました。

oki01.jpg

本土側七類港から画像の「フェリーおき」に乗って、隠岐は島後の西郷港へ向かいます。
隠岐へ向かう第一便だけあって、船内は平日にもかかわらず結構な賑わい。

oki002.jpg

七類港を出航。港のターミナルは隕石をイメージした特徴あるもの。西郷港まではおよそ2時間30分の船旅。

oki004.jpg

前週の萩海運に続いて、日本海はごらんのお天気。波・うねり無く、日差しが温かく感じられます。今号の取材では小生お天気に恵まれております。

oki00.jpg

船内には売店やテーブル席のレストルームも完備、のんびりと時間を過ごせます。レストルーム内に地酒の自動販売機を発見!これから取材なので飲むことは出来ませんでしたが・・

oki005.jpg

西郷港では鬼太郎がお出迎え。快適な気持ち良い船の旅でした。
入港時に港周辺の様子を伺い、「レインボー2」の入港を撮影する場所を下見。
下船後、隠岐汽船本社を伺います。

by南海

| 取材現場 | 09:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

取材短信 萩海運

先週末、山口県の萩海運を取材で訪れました。

hagi01.jpg

1日目はこの高速船「おにようず」に乗って、日本海に浮かぶ離島の見島へ日帰りで。

hagi02.jpg

2日目はこの新造船「はぎおおしま」で萩大島へ。当航路初のフェリーになります。
地元三菱重工下関生まれの小さいながらも快適な船に仕上がっていました。

by南海

| 取材現場 | 21:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

気仙沼大島復興に頑張る2隻のフェリー

次号取材で訪ねた気仙沼大島。
島の最高峰、亀山にある展望台から気仙沼市街地を走る2隻のフェリーを狙いました。
画面左「フェリー亀山」は津波で気仙沼大島に打ち上げられながらも、奇跡の復活を果たした1席。
画面右「ドリーム大島」は大島汽船が昨年運航開始した、震災後初の新造船。
気仙沼大島復興に向けて頑張る2隻の活躍の様子は次号でお伝えします。

kesennuma0527.jpg

2013年3月撮影 NIKON D4 VR70-200mm F2.8G Ⅱ

| 今日の一枚 | 12:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2013年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年06月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。