2012年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年12月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「飛龍21」乗船取材記 その4

東京を出発して丸一日。
水平線に志布志の街明かりが見えてきました。この航海で一度目の寄港地です。

IMG_5698re.jpg

飛龍21に乗船していたのは人間だけではありません。ペットのワンちゃんも2匹乗船していました。
飛龍21にはペットルームの設置はありませんが、ペットが乗船する場合はエスカレーターの後ろにある階段の踊り場スペースに乗船します。一日近く飼い主さんと離ればなれになっていたからか、ゲージを開けた瞬間に飼い主さんの元に飛びついていきました。

IMG_5703re_20121124115601.jpg

下船口ではタラップの準備が始まっていました。飛龍21の寄港地には、港にタラップの設備が無いので、港が近くなると、乗組員さんが船に設置されているタラップの準備します。

IMG_5711re_20121124115601.jpg

いつも思うのですが、このタラップの構造よくできていると思いませんか?潮汐に関係なく、手すりとステップが水平にせり出す構造ってよくできていますよね。

IMG_5715re.jpg

車両甲板には車両が満載されています。乗客は少ないですが、車両甲板には自動車やシャーシ、一つ下の甲板にはコンテナも満載されています。

IMG_5721re.jpg

IMG_5736re.jpg

船首と船尾でも、荷役の準備が始まっていました。甲板手が手際よく準備をしていきます。志布志から多くの荷物が積み込まれていました。

IMG_5727re.jpg

志布志では6名が下船して、7名が乗船しました。船内も少し乗客が増えて、賑やかに・・・。

IMG_5750re.jpg

志布志港には定刻よりも20分早い21時20分に到着しましたが、荷役に時間がかかってしまったようで、定刻よりも35分遅い23時15分に志布志港を出発しました。

次回は、誌面で紹介できなかった船室と船内設備の紹介をしたいとおもいます。

byくまたか
スポンサーサイト

| 誌面から | 12:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

東海汽船ジェット船に4隻目就航

sevenislandotomo01.jpg

東海汽船は来年4月に高速ジェット船「セブンアイランド」の4隻目を運航開始すると発表しました。
新たに導入するのは川崎重工製のジェットフォイルで、その船名は「セブンアイランド友」
、既に平成14年から就航している3隻のジェット船「セブンアイランド愛・夢・虹」と同型になります。
「セブンアイランド友」は今回も同社名誉船長の柳原良平氏による、斬新かつビビッドなカラーリングが施されます。そのイメージは人・心・伊豆七島・都会をそれぞれ繋ぐものとか。

なお東海汽船では最新号でもお届けしたとおり、2014年6月には新造船(旅客船)の「橘丸」も竣工することになっており、ますます便利で快適な旅が楽しめそうな伊豆七島への船旅に期待が高鳴ります。

当ニュースは東海汽船のHPでもアナウンスされており、動画も楽しめます。
東海汽船ホームページ

画像提供東海汽船


| ニュース | 20:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2012年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年12月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。