2012年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年07月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

日本最長航路に乗船!

今回の取材では、国内最長航路である東京-志布志(鹿児島県)-名瀬(奄美大島)-沖縄を結ぶ「クルーズフェリー飛龍21」に乗船します。国内最長航路であるこの路線、東京から沖縄までの航行距離はなんと1743kmにおよびます。所要時間はおよそ50時間です。

photo1.jpg

フェリーはお台場やパレットタウンにほど近い、東京有明フェリーふ頭から出発します。
最寄りのゆりかもめ国際展示場正門駅からは徒歩15分ほど。観光地であるお台場とは一転、コンテナを乗せたトラックが行き交う場所にフェリー乗り場はあります。

photo2.jpg


出航してしばらくすると今年春に開通した「東京ゲートブリッジ」の下をくぐり、東京港東航路を経て、浦賀水道を目指します。ちょうどその頃船内のレストランでは夕食の営業が始まりました。
夕食は定食やカレーライスなど数種類のメニューから選ぶことができます。事前に案内所で食券を販売し、料理が出来上がったらレストランの営業開始です。
レストランでは、自分が注文した料理がすでに出来上がっていて、できたてあつあつのご飯を待たずに食べることができます。

photo3.jpg

私は「日替わり定食(600円)」を注文しました。この日は、トビウオの塩焼きと大根と鶏肉の煮物がメインでした。
お皿には"R"に信号旗がデザインされた「HIRYU」のロゴが入っています。出来たてでボリュームのあるおいしい夕食でした。

photo4.jpg

船内にはソフトドリンクとビール、冷凍食品の自動販売機も設置されています。
さすが沖縄航路ということで、オリオンビールが販売されていました。日も暮れ、遠くに見える灯台の明かりを見ながら、ビールを一杯ゆったりと楽しむのも、船旅の醍醐味の一つではないでしょうか。

byくまたか
スポンサーサイト

| 乗船記 | 18:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

天草の海を堪能! 天草宝島ラインに乗船 その3

天草宝島ラインを運航するシークルーズでは、イルカウォッチングや天草5橋クルーズ、サンセットクルーズといったクルーズ船も運航しています。今回はその中で、イルカウォッチング&有明海クルーズを取材してきました。

irukacruize001.jpg

この日乗船するのは、画像の「ZUIHOⅡ」です。本船の黒・赤・白を基調としたデザインは、熊本県PRキャラクターで、営業部長を務める、ゆるキャラ(R)グランプリ2011優勝も果たした、今や日本一の人気を誇るゆるキャラとして知られる、「くまモン」をイメージしてデザインされたもの。

irukacruize002.jpg

irukacruize003.jpg

内外装共に、くまモンカラーの黒・赤・白を基調としたデザインになっています。

irukacruize004.jpg

イルカクルージングは、天草に生息する野生のバンドウイルカを船上から観察するもの。天草の海は年間を通して、98%の確率で野生のイルカを見ることが出来るのだそうです。
イルカクルージングの所要時間はおよぞ2時間(イルカの見える場所によって変化、最短1時間~最長2時間)。シークルーズでは専門ガイドの解説付きイルカクルージングが楽しめるのも自慢のひとつ。
この日もポイントでは、たくさんの野生イルカの姿を見ることが出来ましたよ。

by今和泉

| 取材現場 | 11:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2012年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年07月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。