2011年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年09月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

桜島フェリー「桜島丸」 その2

本船は 1Fと2Fが車両甲板、その上の3Fと4Fが客席(定員657名)となっており、車両甲板と客室との間はエレベーターでも結ばれています。

sakuraengel005.jpg

まずは窓が大きく、明るい3Fの客室から。画像は桜島寄りのものです。最前方がラウンド形状で眺めの良い展望フロア。その後方にはクロスシートとボックス席を組み合わせたベンチシートが並んでいて、テーブル付の席もありますから、食事やうどんコーナーで買ったうどんを頂くのにも便利です。

sakuraengel006.jpg

鹿児島市街地寄りにはこのようなクッションを敷いた小上がりの区画(オープンスペース、優先席)も設けられています。小さい子供連れのファミリーにも喜ばれそうです。

sakuraengel008.jpg

本船では全ての客室ドアが自動ドア化されています。その入口付近に設けられた車イススペースです。画像後方に見えるドアの先が水道も併設した授乳室となっています。

sakuraengel007.jpg

こちらは2Fの乗降口近くに設けられたシルバー席(左舷側)です。市政として、市営バスや市電でも積極的にバリアフリー化を推進している鹿児島市。本船からもバリアフリーへのいっそうの取り組みの姿勢を各所に伺うことが出来ることでしょう。

by今和泉


スポンサーサイト

| 取材現場 | 10:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2011年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年09月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。