2011年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年09月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「フェリーオーシャン」取材報告 ③ 若松島編 

「フェリーオーシャン」を下船して、港ターミナルにいらしたお母さんたちに、若松瀬戸を見下ろす絶景ポイント、龍観山への行き方を尋ねます。「太古」の瀬戸通過まで時間があったので、若松大橋へ行こうと思っていたところ、現地で教師をしているという方がクルマで送って下さるとのこと・・助かりました。

ocean009.jpg

橋の上から若松港を出てきた「フェリーオーシャン」を撮影です。誌面の乗船記事画像もここで撮影したものになります。この場所も若松瀬戸を見る絶景ポイントでした。

ocean010.jpg

若松大橋を後にして、港へ戻り、龍観山展望台へ目指します。数日前に名和氏が黄砂の中訪ねた時はクルマを使ったと聞いていましたが、小生は徒歩で目指すことに。カメラ2台、レンズ3本の他に港にコインロッカーが無かったことから使わないレンズやストロボと重い荷物を背負って、15分ほどでようやく駐車場に到着!疲れたああ、と思っているとギターを弾いていたお父さんが「撮影をするならこの先だよ」と・・未だ歩かなくてはいけないことが発覚!!

ocean011.jpg

無事撮影ポイントに着き、ロケハン完了、休憩していると、ほどなく瀬戸の入り口に「太古」の姿が。まずはこのポイント、1つ目の場所での画像が”九州特集”の見開きになった若松瀬戸をくぐった「太古」のものです。
画像は橋をくぐり、瀬戸を進む「太古」のもの。

ocean012.jpg

1つ目の場所を離れ、駆け足で2つ目のポイントへ。引き続き、若松瀬戸の風光明美な風景を進む「太古」を見下ろせる場所で撮影です。静かな展望所に「太古」のエンジン音が響きます。

次はこの美しい風景を「太古」船上から楽しんでみたいものです。

by南海
スポンサーサイト

| 取材現場 | 20:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2011年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年09月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。