2010年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年10月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「はっこう21」乗船取材④(最終回)

船室のベッドに揺られながら、深夜の豊後水道、日向灘と南下してきた「はっこう21」の宮崎港到着は翌朝になります。サロン前のボードに書かれた入港時間は8時30分。厚切り食パン(トースト)2枚とコーヒーの朝食を頂きました。

hakkou013.jpg

海岸線に建つシーガイアが見えてきたら、宮崎港はもう目前。港内では先行していた宮崎カーフェリー「みやざきエキスプレス」の隣のバースに接岸となりました。ここで下船しても良かったのですが、以前は南九州の玄関港として賑わった日向港を見てみたいと思い、今回は最終目的地まで乗船をお願いすることに。宮崎港では水島港から乗って来たクルマを降し、シャーシの積み下ろし作業を行い、3時間ほど停泊してからの出航となりました。

hakkou014.jpg

宮崎港を離れる頃から降り出した雨は本降りに。日向灘は結構な波とうねりで、この区間は船室でじっとしていることにしました。そして出航から約2時間で日向細島港への入港となります。
日本カーフェリーが川崎、関西航路の発着港として使用開始し、シーコムフェリー・マリンエキスプレスと継続使用されてきたこの港も数年前についに旅客フェリーの寄港が無くなってしまいました。

hakkou015.jpg

現在は関東航路、関西航路(本船)の他に国際コンテナ定期航路も有する県内を代表する物流拠点となっています。ただ今日でも台風の接近で宮崎港のうねりが高い場合、宮崎カーフェリーの船が入港する場合があるようです。

hakkou016.jpg

前日の船出から26時間超の長い乗船で下船となりました。森山船長にお別れして、カーデッキを経由して南国の土を踏みます。日本カーフェリー時代から使われてきたターミナルビルには現在八興運輸が入居しています。

By南海
スポンサーサイト

| 取材現場 | 18:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2010年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年10月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。