2010年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年05月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

日生から小豆島へ  瀬戸内観光汽船「フェリーひなせ」

hinase01_20100413134102.jpg

今和泉センセイが日生諸島で昭和の雰囲気を味わっているちょうど同じ頃、ちぃむ瀬木寄瀬一行も岡山県の日生からの船旅を楽しんでおりました。JR日生駅前から出港する瀬戸内観光汽船の「フェリーひなせ」で小豆島へ、約1時間の船旅です。

hinase02_20100413134102.jpg

「フェリーひなせ」は小テーブルをソファが囲むリラックスできるインテリアが特徴。船内売店では備讃瀬戸周辺のフェリーでは定番の熱々のさぬきうどんを味わうこともできます。

瀬戸内海の島々の中で本州あるいは四国と橋で結ばれていない島では最も大きな島、小豆島。アクセスは四国側の高松が拠点ですが、日生と小豆島北部の大部(おおべ)を結ぶ瀬戸内観光汽船もまた小豆島への人気航路のひとつです。1日5便の小規模航路ですが、年間を通じて本州から小豆島へ、さらに四国方面を周遊する観光バス需要が多いのがこの航路の特徴。特に寒霞渓の紅葉が美しい秋のシーズンは急増する観光バス需要に対応して観光バス専用の臨時便が運航されることもあります。

hinase03_20100413134102.jpg

hinase04.jpg

今泉センセイも紹介している日生諸島をはじめ、穏やかな周辺景観が堪能できるのもこの航路最大の特徴でしょう。左右に展開する牡蠣養殖のいかだ群を眺めながらの航海、そこに展開される風景はまさにあの「瀬戸の花嫁」に唄われた夕波小波の瀬戸内そのもの。観光の島という小豆島のイメージとは違う素朴な離島の雰囲気の大部も魅力的です。

この「フェリーひなせ」を含めた個性的な小豆島航路、次号でたっぷりお届けしますのでお楽しみに。

byちぃむ瀬木寄瀬
スポンサーサイト

| 乗船記 | 13:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

たこフェリー取材

船旅好きに話題を提供し続けるたこフェリー。その最新の動きを取材すべく明石港へ向かいました。

tacoferry001.jpg

まずはドック入りと同時にエレベーター設置とカラーリングが一部変更となった「あさしお丸」を撮影です。以前と比べてどこが変ったのか判りますか?

tacoferry002.jpg

続いて「のりたい号」こと「あさかぜ丸」の乗船取材へ。「乗りたい号」では船内に入った時から楽しい雰囲気に包まれます。カーデッキから客室に入る階段には、この度たこファミリーに仲間入りした明石のご当地キャラクターが描かれていました。

tacoferry003.jpg

船上から眺める海峡の景色は何度見ても良いものです。今回はブリッジにも伺い、船長さんからこの航路を走るコツや情報を聞いてくることが出来ました。

今回の取材の模様は6月発売予定の最新号で!

| 取材現場 | 11:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2010年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年05月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。