2009年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年08月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「スイートの悦楽」裏話

「にっぽん全国たのしい船旅」で「スイートルームの悦楽」を始めて以来、乗る船はすべて上等級がすっかり身についてしまったライター、徳光康です。

今回取り上げた太平洋フェリー「いしかり」は、名古屋~仙台~苫小牧航路に就航していますが、この航路、名古屋~仙台で毎回必ず僚船同士のすれ違いがあります。天候や海象にもよりますが、1万トンを越える大型フェリーが間近ですれ違う! 太平洋フェリーもこのすれ違いを船内イベントのひとつとしています。

ktkm01.jpg

このすれ違いイベント、通常のダイヤではちょうど3時のおやつの時間あたりで、福島県沖の太平洋で展開されます。ところが、今回乗船した「いしかり」では、このすれ違いが何と仙台港沖すぐのところ。出港するといきなりすれ違いイベントだったのです。そのため、通常は海バックでしか撮れない反航船を少しユニークな背景で撮影することができました。

ktkm02.jpg

本誌ニュースページでも取り上げていますが、太平洋フェリーは、年末年始に東京、名古屋発着のクルーズを行っています。さらに1月から2月にかけては本船の定期整備の時期。この時期に乗船を計画すると、配船の都合で、日程によっては運航スケジュールが通常と異なるケースも出てくるのです。仙台で船が変わって名古屋~苫小牧間の普通の運賃で一度に2隻の大型フェリーに乗れてしまうこともありますよ。

Y.Tokumitsu
スポンサーサイト

| 取材現場 | 14:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2009年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年08月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。