2008年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年01月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ジャンボフェリー「りつりん2」乗船記②

外は寒いので、暖かい室内の船首、前方視界の広がる船室で過ごします。
12時を過ぎましたが、売店はオープンしません。結局この便では営業がなかったのでした。
ここで昼食にうどんを食べるのを楽しみにしていたのに残念です。結局、この日の昼食は15時過ぎになりました。

小豆島の島影が大きくなってきます。出港から2時間40分で、小豆島大角鼻沖を通過。この付近では再び近くを行きかう船舶の数が増えてきます。時にデッキに出て両舷の風景を楽しみます。

jumboferry04.jpg

高松港入港前、前方から見慣れない平らな船型の船が近づいてくるのが見えました。これはもしかして…。慌てて、上階デッキに向かいますが、ご覧のように間に合わず!
以前から会いたかった高速船のひとつ、内海フェリーの「サンオリーブシー」です。
東京大学と石川島播磨重工の共同研究により建造、Ship Of The Yearも受賞した実験船、旧「とらいでんと」であります。

jumboferry05.jpg

そして出港から3時間45分、高松港に到着しました。
美しい島々、行きかう船の多さ。昼間の瀬戸内クルーズはやはり楽しく、昼間これを楽しめる当航路は貴重なのだと実感しました。

By 今和泉
スポンサーサイト

| 乗船記 | 10:26 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

2008年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年01月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。