2008年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年01月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

フェリー粟国

粟国島(あぐにじま)は、那覇から約60キロの西方海上に浮かぶ島です。

2028.jpg

「にっぽん全国たのしい船旅」来年号に掲載する特集取材の一環で粟国村営の「フェリー粟国」に乗船しました。
那覇は沖縄離島便が集約されている泊港の発着、一日一往復の運航で所要時間は約2時間です。

フェリー粟国は従来船から大型化・高速化を図った、2002年就航の新鋭船。
総トン数450トン、旅客定員180人、速力17ノット。生まれは長崎の井筒造船所です。
500トンに満たないフェリーと思えないボリュームのある船体にライトブルーのストライプが走るきれいな船です。船内も手入れがよく行き届いており、客室ほかパブリックスペースが気持ちよく利用できました。

船内には売店、レストラン施設はありませんが、粟国港には旅客待合所にみなと食堂があるので乗下船の際に利用したらいいでしょう。島内全体で三軒ほどしかない貴重な食堂のひとつです。

2070.jpg

「みなとそば」(600円)をいただきました。粟国島には塩工場があり、自然塩ブームの先駆けとなったことで有名ですが、その自慢の塩を使ったスープが体に沁み入ります。
スポンサーサイト

| 取材現場 | 13:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2008年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年01月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。