2008年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年10月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

フェリーで日本半周の旅 シルバーフェリーで苫小牧~八戸往復

080915isilver01.jpg

まずは「べが」に乗船し、八戸港を目指します。苫小牧港出港は24:00で、7時間30分の船旅になります。
本船は船もクルーも東日本フェリーの所属で、なるほど船内の雰囲気は4月に乗った青函航路の「びるご」に似た印象を受け、蝶ネクタイ姿の客室乗務員さんが案内して下さいました。
連休期間だったことから乗船者も多く、利用した2等席もほどなく埋まってしまいます。
出港後は前の晩にあまり寝られなかったことから熟睡してしまい、目覚めたのは八戸港入港アナウンス。レストランも朝食営業していたようですが、船室での睡眠で終わった航海になりました。

下船後はターミナルで往復運賃で発券を依頼し、「シルバークィーン」で苫小牧へ戻ります。
まずは本船自慢というべき、以前から利用してみたかった最上階の展望風呂へ。明るく、開放感溢れるものでした。レストランは自動販売機が並ぶ、オートレストラン方式を採用しています。
アルコールの販売は売店で10時までとのこと。入浴後速やかに購入し、喉をうるおします。
航路上は終始波穏やかで、快晴でした。デッキに出て、外の空気を吸い、左舷側の青森・北海道の風景を眺める。距離はありましたが、途中僚船の「べにりあ」とすれ違いもありました。
苫小牧港に再び戻ると、今回のハイライト、太平洋フェリー「いしかり」にフル区間乗船です。

080915isilver02.jpg

By 今和泉
スポンサーサイト

| 乗船記 | 11:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2008年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年10月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。